「Maker Faireに出展申し込みしましたから」

2014年の秋、「月一宇宙呑み」をやっていたぼくら一人が、突然こんなことを言い出しました。その頃は、月に一度居酒屋で宇宙開発についてああだこうだと話をしているだけで、人工衛星を作ろうとも思っていませんでしたし、「リーマンサット」という名前すらありませんでした。

しかし、今思い返してみると、リーマンサット・プロジェクトはそこから始まったのです。

メンバーは5人しかいません。他には「人工衛星の開発から打ち上げまでを2年以内にやる」というコンセプト、ポスターカード(某航空宇宙局のフリー素材使用)以外には何もありませんでした。

あれから一年足らず。今年2015年も8月1・2日に東京ビッグサイトで開催される「Maker Faire Tokyo 2015」への出展が決まりました。

ミッションが徐々に具体化し、プロジェクトを広める広報班、衛星開発を進める技術班が立ち上がりました。このプロジェクトに関わってくれた方は、今や50名近くになりました。

専門家からは「一年でこれしか進んでいないのか」と、見えるかもしれません。

でも、ぼくらはぼくらにしかできないやり方で少しずつ進んでいます。

宇宙が好きな方も、もちろんそうでない方も、ぼくらと一緒に夢を見てみませんか?

イベントの概要はこちら