10/7(土)、リーマンサット・プロジェクト(rsp.)は、サイエンスカフェしんじゅくのゲストとして、rsp.談話と、おとな向けのワークショップを行いました!

今回は、新宿中央公園にあるエコギャラリーで開催されている、サイエンスカフェしんじゅくさんよりお声がけいただきました。

”講演会ではなく、コーヒーとお茶菓子を頂きながら、科学や環境についての参加者が楽しめる体験型ワークショップを開催してほしい”

そのご要望にお答えすべく「趣味は宇宙開発!」と公言してはばからないリーマンサットプロジェクトの面白さを体感してもらえる企画を考えてみました。
そのテーマはずばり
「”趣味は宇宙開発”といえる時代へ」
~サラリーマン集団による超小型人工衛星の開発~

なんと、定員の30名を超える応募があり、当日は、26名の方に参加していただきました。
ありがとうございました!


まず最初にリーマンサットプロジェクトの活動の様子をご紹介させていただきました。
そして、ファウンダー達がrsp.を立ち上げた想い、理念をご紹介。
今回のイベントはそもそも宇宙や人工衛星に興味がある人ばかりではなく、そうではない人にもたくさんご参加いただきました。
そんなこともあって最初は「サラリーマン集団による超小型人工衛星の開発ってどういうこと?」
と、その存在を不思議がられていたように感じます(笑)
しかし、話していくうちに”ごく普通の身近な人たち”が「宇宙って面白いかも」という想いで集まっているという”リーマンサットらしさ”が伝わって、笑いあり、質問ありで、いろいろと共感をしていただけたのかな?と思います。


そして、ワークショップでは
「みなさんが人工衛星を打ち上げるなら、こんなミッションで飛ばしてみたい!」
と思うアイデアをたくさん考えてもらいました。
いきなり「人工衛星のミッション」と言われるとハードルが高いように感じてしまうかもしれません。
 しかしrsp.は
「身近なものを宇宙につなげる」ことをキーワードに、”自らの手で人工衛星の開発にゼロから挑戦している集団。
rsp.のメンバーが今までに考えた奇想天外なミッションもご紹介しながら、人工衛星がどれだけ身近で、民間ビジネスにもたくさんアイデアが出ていることをご紹介させていただきました。
その中で、みなさんの頭の中にも
「こんなことでも宇宙につながるの?」
「思ったよりも宇宙って近いのかな…」という気づきがあったのでしょうか、少しずつ参加者のみなさんからもアイデアが集まり始めました
最後にはたくさんの本当に素晴らしい、楽しいアイデアが集まりました!

(わたしたちの活動をグラフィックレコーディングしていただきました!ありがとうございます!)

 

参加者の方も和気あいあいと話しながら、楽しそうにアイデアを発表してくださり、イベントが終わったあとも
「楽しかった!」
「また続編をやってほしい!」
「もっと宇宙のことを知りたい!」
と、話が尽きぬほど盛り上がっていただきました!
このような活動から、宇宙人工衛星民間宇宙開発、またリーマンサットプロジェクトの活動にご関心を持っていただければ何よりの励みになります。
改めて、サイエンスカフェしんじゅくさん、そしてご参加いただいたみなさん、ありがとうございました!
そして、またお会いしましょう!

今回のイベントではラジオやTVなどの取材もありました。
当日の模様が、10月10日の17:50から、J:COMさんの港・新宿区のデイリーニュースにて、ちょこっと紹介されました。
ローカル番組なのでTV生放送でみられなかった方は
スマホアプリ「ど・ろーかる」(「J:COM港・新宿局 デイリーニュース港新宿)を選択)
にて視聴可能ですので、よかったら是非覗いてみてくださいね!