趣味の宇宙開発団体、リーマンサット・プロジェクト。それなりに長く活動を続けてきましたが、未だに「本当に趣味なのか」「本当に素人なのか」と疑われることが多く、ひとえに広報活動の力不足を感じます。本当に申し訳ない。本当に趣味なんです。素人なんです。

もしかしたら「人工衛星を打ち上げました!」とか「どこそこで講演してきました!」など成功・拡大している感がある記事やメディア露出が続いていたので、どこか趣味離れ・素人離れした団体に見えているのかも、とも感じています。最近は新規参加を考えている方から「私なんかでも参加していいんでしょうか?」といった、隔たりを感じさせるお問い合わせも増えてきました。これはまずい。

というわけで、「あなたでも参加できる」ことをご理解いただくために、これまでにあったご質問と回答をいくつか紹介したいと思います。

●宇宙開発について知識も経験もないのですが、参加しても大丈夫でしょうか?
大丈夫です。宇宙開発についての知識や経験は、身につける意志があるならば参加して活動している中で身につくと思います。一緒に学ぶメンバーのために、既存メンバーが勉強会やワークショップを開催しているので、そちらに参加されるといいかもしれません。
そもそも、宇宙開発の知識や経験の有無はリーマンサットで活動する限りにおいてはそれほど重要なことではありません。「できないけどやってみたい」と思っていることを実現する場がリーマンサットです。必要なのは「やってみたい」と思うこと、ただそれだけです(コミュニティなので、やってみたいことに共感するメンバーがいる必要があるとか、他の人に迷惑をかけないなどのルールはあります)。
まあ、むしろ知識や経験よりもやってみたいことに向き合うことのほうが難しいかも、と思うこともあります。そのあたりは「趣味だからこそ」と思っていただけたらと。
●関東以外に住んでいるのですが、活動はやはり関東中心なんでしょうか?地方から参加することもできるのでしょうか?
もちろんできます。できないように見えていたら本当にごめんなさい。
確かにメンバーは関東周辺在住の者が多いです。ただ、日々のやりとりはLINEやZoomを用いていますし、2020年以降は月1回の大規模な定例会もZoomで行うようになったので、地方だからといって参加しづらいことはないと思います。
もちろんオフラインで会って話したり、ひとところに集まって開発したりという楽しみはメンバーが近くにいないと難しいこともあります。でも実は、リーマンサットにはすでに40近い都道府県にメンバーがいます。もしかしたら、あなたの近くにもいるかもしれません。
●参加費はいくらぐらいでしょうか?
2022年12月現在、参加費は集めていません。活動費は主にメンバーの寄付やクラウドファンディングによって賄っています。そんなことでやっていけるのかと思われるかもしれませんが、趣味の活動としての理想を追い求める結果、このかたちに落ち着いています(今のところ、ですけどね)。
参加したメンバーに「自ら関わるこの活動になら寄付してもいいな」と思っていただけることを期待しています。
●活動頻度はどれぐらいでしょうか?
参加するプロジェクトや活動によってかなり異なります。
定期的に行っているものとしては毎月の定例会だけです。この他に、プロジェクトや活動に応じて月1回から週1回程度ミーティングを行っています。開発納期やイベント開催日近くになるとお祭り状態になるのはご想像のとおりです。
●参加にあたって履歴書は必要ですか?面接はありますか?
履歴書は必要ありません。参加申込フォームには「できること」や「やってみたいこと」を記入していただいていますが、採用選抜のためではなく既存メンバーがあなたの興味をいち早く理解するためです。
また、面接もありませんが、必ず参加していただいている「新規参加者向け説明会」では自己紹介をお願いしています。
●参加申込をしたあとの流れについて教えてください。
参加申込フォーム(https://www.rymansat.com/entry_member)にご記入いただいたあとは、準備ができ次第こちらから「新規参加者向け説明会」の案内をお送りします。
新規参加者向け説明会では活動の紹介をした上で、今後のやりとりに必要となるLINEとGoogle Driveの登録を行います(このため必ず新規参加者向け説明会にご参加いただくことになります)。
その後、定例会にご参加いただき、更に詳しい活動や現況をご理解いただいた上で参加したい活動を選んでいただきます。
●私はエンジニアですが、リーマンサットの広報活動にも興味があります。この場合、両方に参加することは可能でしょうか?
可能です。というか歓迎します。技術と広報の掛け持ちだけでなく、技術系のプロジェクトを複数掛け持ちすることもできます。やってみたいことがあれば、遠慮なく参加してください。参加してなんか違うなと思ったら、あなたのやってみたいことをプレゼンしてください!
●定期的に活動するのが難しいのですが、それでも参加できますか?
はい、ご無理のない範囲でご参加いただけたらと思います。なにしろ趣味なので、誰にも強制されるものではありません。ただ、宇宙機にしてもイベントにしても、ともに作り上げるものなので、他のメンバーのことは気にかけてあげてください。いきなり抜けると困ることもありますし、他のメンバーがあなたのことを心配するかもしれないので、本業や家庭の都合で参加が難しくなってきたらチームリーダーやプロジェクトマネージャーにお伝えください。
●参加したいのですが、勤務先から副業禁止と言われています。この活動は副業にあたるのでしょうか?
副業をどのように捉えるかにもよります。リーマンサットのメンバーになるということは、無給無償のボランティアとして活動にご助力いただくということです。お勤め先によっては、金銭的な利益を得なければよい(副業ではない)とするところも、あらゆる利益を得ていなくてもダメ(本業以外の集団に属すること自体副業である)とするところもありますので、お勤め先にご確認ください。
リーマンサットとしては草野球への参加と同じ「趣味の活動」だと思っています。確認するときには「うちの会社って、社外の草野球チームに所属しても大丈夫ですかね?じゃあ宇宙開発は?」というふうに聞くとすんなりご理解いただけるかもしれません。ダメ?

……いかがでしょうか、「参加できそう」と感じていただけましたでしょうか。

リーマンサットは、宇宙開発についての知識や経験が不問で定期的な参加費もかからないので、参加の敷居は本当に低いと思います。これはリーマンサットが「趣味」の団体だからです。
関わり方はあなた次第です。宇宙好きが集まる場所として興味のある話題についてLINEで話すだけでも、知識や経験を身につけるべくどっぷりと参加しても構いません。

もし、それでも「知識がないから」「経験がないから」と思って尻込みしているあなた、ここに来てその思いを叫んでください。恥ずかしがった方が恥ずかしいですよ!
あなたのご参加をお待ちしています!


他にこんな記事も読まれています
2/25(日)第108回定例ミーティングのご案内 第108回定例ミーティングのお知らせです。 定例ミーティングはハイブリッド(リアル+オンライン(Zoomミーティング))形式で開催いたします。 全国のみなさ...
1/28(日)第107回定例ミーティングのご案内 皆さんこんにちは。本年もリーマンサット・プロジェクトをどうぞよろしくお願いいたします! さて2024年最初となる第107回定例ミーティングのお知らせです。...
12/17(日)第106回定例ミーティングのご案内 皆さんこんにちは!!今年もいよいよ残り1ヶ月を切りましたね。2023年の締めくくりにリーマンサット・プロジェクトの定例ミーティングに参加してみませんか? 第1...