「誰でも関われる宇宙開発」への第一歩
あなたのご参加をお待ちしております!

リーマンサット・プロジェクトでは「普通の人が集まって宇宙開発しよう」を合言葉に活動をしています。現在参加しているメンバーの中で宇宙開発を専門としている人はほとんどおらず、普通のサラリーマンや学生が集まって人工衛星開発や広報活動などを行っています。

そんな私たちに共通しているのは「宇宙開発って、ちょっと面白いかも」という気持ちです。

メンバーはそれぞれが異なる専門分野を持ち、その”強み”と”違い”を活かして、あらゆる視点・分野から民間宇宙開発を進めています。

 

募集概要

  • 人工衛星をはじめとした宇宙開発をゼロから進める【技術部】
  • 私たちの活動を世界に広げる【広報部】
  • その他、250名を超えるメンバーのリソース管理を行うバックオフィスなど

 

興味がある方は、まずは月末の定例MTGへご参加ください!

 

 

技術部募集内容

人工衛星の開発メンバーを募集しています。人工衛星開発はその機能ごと(=各系)に分かれて開発しています。

一つの系を深く追求してもよいですし、あらゆる系を見て広く人工衛星を勉強するのも歓迎です。

技術部の”各系”の概要(タイトルをクリックorタップで詳細が表示されます)

プロジェクトマネジメント系
RSP-00の開発全体を管理する系です。
全体スケジュールや進捗管理、各種申請などを取りまとめます。直接開発は行いませんが、全体を見ることができる系です。
ミッション系
衛星の行うミッションを開発していく系です。
RSP-00のミッションは、次の3つです。

宇宙ポストのメッセージ打ち上げ(宇宙ポストについてはこちら)
アマチュア無線を使った音声配信(デジトーカ)
カメラでの地球の撮影
搭載コンピュータは数千円で売られているRaspberry Pi Zeroを使用予定です。Pythonが書ける、電子回路を作ったことがあるという人なら大丈夫です。

C&DH系

コマンド&データハンドリングの略です。地上からのコマンドを処理したり、地上へデータを送信したりする衛星の頭脳部分です。
搭載コンピュータは、ミッション系と同じく数千円で販売されているArduinoを使用予定です。C言語でプログラムが書ける、もしくはやってみたいという人は歓迎いたします。

通信系

地上からのコマンドを受信したり、地上へデータを送信する部分を開発する系です。
無線機は小型衛星に使用されている実績のある物を使用しますので、そのデータを処理してC&DHに受け渡す部分やアンテナを開発します。無線の知識が必要な部分ですが、勉強する意欲があれば参加できます。 

電源系

太陽電池からの電力をバッテリーに蓄えたり、各系統やコンピュータに電力を供給したりする系です。
宇宙環境でも安定して動作することが重要となる部分の一つです。回路自体は一般的な電子回路ですので、今から勉強したいという方でも構いません。

姿勢制御系

衛星の姿勢を制御する部分を開発する系です。
衛星の姿勢制御は様々な方法がありますが、RSP-00では永久磁石による沿磁力線制御という姿勢制御を行います。コンパスと同じような原理の姿勢制御です。姿勢のシミュレーションとジャイロの動作確認がメインとなります。

熱・構造系

衛星に加わる熱の制御とフレームを開発する系です。
太陽が当たる場所と当たらない場所の温度差が激しいので、その環境でも衛星が動作するかどうか機器の温度をシミュレーションしたり、衛星のフレームを開発したりします。シミュレーションソフトやCADソフトが使える方、またはこのようなソフトを使ってみたいという方は歓迎です。

地上局系

衛星にコマンドを送信したり、衛星からのデータを受信する場所を構築する系です。
アンテナや無線機などは機材を購入して構築しますが、受信したデータを処理するソフトやデータを公開するソフトは開発する必要があります。
アマチュア無線の免許をお持ちであれば、衛星の操作も直接行えます。無線に興味がある人やWindowsやiphone、Androidでのプログラムを作ってみたい人は歓迎です。

関連記事【技術部の各系が何をしているかを紹介します】

 

広報部募集内容

イベント出展や各種メディアでの広報およびマーケティング活動を企画・実行するメンバーを募集しています。

企画するときはみんなで考え、悩んだりしますが、実現できたときの喜びもひとしおです。

本業で広報やマーケティングを専門にしているメンバーも中にはいますが、未経験者も大歓迎です。

 

広報部の各活動の概要(タイトルをクリックorタップで詳細が表示されます)

イベント課
宇宙関連イベントのみならず、ものづくり系イベントや宇宙と接点のない分野へのイベント出展を実施しています。また今後はリーマンサット・プロジェクト独自イベントの企画/運営も目指していきます。イベントを通じてみなさまと直接コミュニケーションを取ることで、人工衛星開発とはまた違った角度から民間宇宙開発の楽しさを味わうことができます。

オウンドメディア課
WEBサイトおよびSNS(facebook,Twitter)などの”オウンドメディア”の運用を通じてリーマンサット・プロジェクトの認知を広げ、メンバー獲得につなげるコミュニケーション活動を行います。
リーマンサット・プロジェクトのメディア発信部隊として、”誰でも関われる宇宙開発”の想いを日本のみならず世界中へ発信しています。

外部メディア課
テレビ、ラジオ、新聞、雑誌などのマスメディアやWEBメディアからのコミュニケーションを通じてリーマンサット・プロジェクトの宇宙開発を広く世の中に伝えます。民間宇宙開発への注目は今後さらに増えることが考えられおり、リーマンサット・プロジェクト以外のメディアを通して私たちの活動をより多くの皆さまに伝えていくための活動を行っています。

技術広報課
リーマンサット・プロジェクトの人工衛星技術や民間宇宙開発について、一般の方向けに分かりやすく伝える記事や資料を作成します。広報部と技術部の”橋渡し役”であると同時に、身近な生活に民間衛星開発をつなげる大切な役割です。

デザイン課
リーマンサット・プロジェクトの活動おいて必要なデザイン作業を行っています。写真撮影、グラフィック、WEB、プロダクト、動画作成等、オールジャンルのデザイン作業をはじめ、人工衛星開発をはじめとした開発物のプロダクトデザインも行っています。

その他の広報・マーケティング活動
イベントやオウンドメディアの運用といった定常的な活動以外にも、「クラウドファンディングの企画・実行」「宇宙ポスト(みんなの願いごとを宇宙に届ける企画)」ほか、様々なプロジェクトを企画・実施しています。

活動事例

 

技術・広報以外のメンバーも募集


バックオフィス系も募集中【人事・法務・経理など】

  • 250名を超えるメンバーを受け入れ、みんながやりたいことをやれる環境を整えるためのリソース管理の活動。
  • JAXAとの契約をはじめとした様々な法人との契約や、権利関係、情報管理などのリスクを最小化して民間宇宙開発を進めていくための活動。
  • 活動の中で発生する受発注や支払いの管理などの財務会計管理を行うための活動。

多くのメンバーが参加し、民様々な関係者と共に活動を行っているからこそ発生するたくさんの大事な業務があります。

人事、経理、総務、法務の経験がある方、宇宙開発に興味のある弁護士や税理士、弁理士の方を募集しています。


人工衛星開発以外でも募集中【サークル活動】


技術部、広報部以外にも「サークル活動」を通じて「もっと身近な宇宙開発」を目指す人たちもいます。

自由な発想と行動で、民間宇宙開発をもっともっと楽しく。

自分のやりたいことと宇宙開発をつなげることに、共感する仲間を集めることもできるかもしれません。

サークル活動例【富士山頂で電波試験をやってきました】

 

活動場所

毎月の最終日曜日に、茅場町にあるコワーキングスペースに集まって定例MTGを行っています(アクセス情報はこちら)

リーマンサット・プロジェクトに参加したい方は、まずは定例MTGにご参加ください。

 

●定例ミーティングとは別に、月の中ごろにも技術部ミーティングを行っています。
2017年 夏ごろより、各種工作機械による作業やミーティングが可能な”技術部 部室”にて技術部ミーティングを実施しています。

●広報部やほかのグループは、平日の夜など時間のあるときに個別に集まったりしています。

宇宙開発はあくまで趣味。時間のあるときに集まったり、連絡を取り合ったりして宇宙開発や広報活動を行っています。

 


「趣味は宇宙開発」

リーマンサット・プロジェクトはあくまでも趣味の団体です。

趣味だからこそ、好きなことを分かり合える仲間と、無理なく努力しあって続けられる。そんな団体を目指しています。

「ちょっと面白いかも」から始まる宇宙開発

その気持ちが「やってみたいこと」になったとき、宇宙開発は「かなり面白いこと」になるかもしれない。

リーマンサット・プロジェクトは、そう信じて活動をしています。

そんな私たちに、ぜひあなたの力を貸してください!