リーマンサット・プロジェクトへのご参加を希望される方は、下記にご記入ください。
※参加希望者から提出を受けた個人情報は、個人情報の保護に関する法律(個人情報保護法)にしたがって取り扱い、参加希望者の同意なく、本活動以外の目的での利用または第三者への提供はいたしません。

秘密保持等同意書・活動参加同意書へのご同意

ご参加いただくにあたり、以下の内容をよくお読みになり、ご同意の上チェックを付けてください。

秘密保持等同意書

私は、一般社団法人リーマンサットスペーシズ(RSS)が運営するリーマンサット・プロジェクト(RSP)のミーティングに参加するにあたり、以下の条項に同意します。

  • 本ミーティングでの録音・録画は禁止されていること。
  • 本ミーティングで提供される情報を秘密として取り扱わねばならず、第三者に開示・再頒布することは禁止されていること。ただし、当該情報が公知のものである場合は除く。
  • 本ミーティングで提供される全ての情報は、現時点におけるRSPの見解に基づき、参照用に提供されるものであって、RSPはその内容について一切保証をしないこと。
  • 本ミーティングにおいて、自己の所属する会社等第三者の情報を不正に提供・漏示しないこと。

活動参加同意書

この文書は、一般社団法人リーマンサットスペーシズ(RSS。以下、「当団体」という。)の運営するリーマンサット・プロジェクト(RSP)の活動に、あなたが参加する場合に必要な条件等を記したものです。内容をよくお読みになり、ご同意の上チェックを付けてください。

1. 目的

当団体は、参加者が自らのアイデアや技術などを提供し合い、宇宙開発への関心を高めるあらゆる活動を行うことを目的としています。

2. アイデアおよび成果物

本活動において参加者が提供・創作した成果物※1に関する知的財産権等※2は、当該時点で当団体に無償にて譲渡されるものとします(著作権法第 27 条および第 28 条の権利を含みます)。ただし、提供者から提供・創作後15日以内に権利留保の申し出があった場合は、その権利の帰属等につき別途協議するものとします。また、参加者は、当団体に帰属する知的財産権等につき、当団体のライセンスを受け使用することができるものとします。ライセンス条件は別途協議するものとします。
※1 成果物:文章、図、CG、写真、音声、動画、ソフトウェア、ハードウェアその他一切の成果物。
※2 知的財産権等:著作権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権、および営業秘密など。また、それらの権利の取得、登録などを出願する権利も含むものとします。

3. 表明保証

参加者は、その提供・創作する成果物が参加者自身の創作であること及び第三者の知的財産権等の侵害するものでないことを表明・保証します。
仮に、参加者が成果物を他者の代理として提出する際には、出典やライセンス、その他のあらゆる制限(改良した成果物の提出、著作権等表示義務や強制的なライセンスを含む)に関する完全な情報を提示し、説明をするものとします。

4. 参加者の秘密情報

参加者は、前2項に定めるアイデアおよび成果物の取扱いを十分に理解したうえで、秘匿しておきたい秘密情報を本活動において提供しないようご留意ください。特に、参加者が別途所属する団体・企業などが保有する情報を不正に開示又は提供することの無いよう、十分にご配慮ください。

5. 当団体側の秘密情報

参加者は、それが公知の情報であるものを除き、当団体で取り扱う情報が当団体又は第三者の秘密情報であることを認識し、当団体関係者以外へ情報を漏洩してはなりません。

6. 権利侵害の禁止

参加者は、本活動における制作活動に関し、法令および公序良俗に違反してはなりません。また、第三者の知的財産権その他一切の権利を侵害してはなりません。

7. 費用負担、及び規則などの遵守

本団体が事前に負担に同意する場合を除き、参加者は、自己の費用にて本活動に参加し、成果物を提供・創作をするものとします。本団体は、事前の協議により、別途当該成果物の費用の負担することがあります。
本活動が行われる施設の設備、機械、装置、工具などの利用について、施設の管理者および当団体の規則・指示などに従ってください。

8. 免責

本活動に参加中の事故により参加者が生命身体もしくは財産上の損害を被った場合、その損害は参加者自身が負担し、当団体に何らの請求を行わないものとします。ただし、当団体にその損害の発生について故意または重過失が存在する場合はこの限りではありません。

9. 機材などの損傷

参加者が、故意または過失により本施設内の設備、機械、装置、工具などに損傷を与えた場合、その修理・取替費用などを負担していただく場合があります。

10. 責任

参加者が以上の各項の定めに違反し、当団体または第三者に対し損害を与えた場合は、自らの責任と負担によりこれを解決し、当団体に対し何ら迷惑、負担をさせず、損害の賠償などを請求しないものとします。

11. 肖像権

i. 参加者は、当団体又は当団体が指名した者が参加者の肖像などを撮影した動画(本動画)および画像(本画像)について、無償で利用することに同意したものとします。
ii. 本動画及び本画像を利用した作品があらゆる媒体、地域、期間で利用されることを許可し、媒体へ利用されなかった場合でも、異議申し立てを行わないものとします。
iii. 本動画及び本画像の選択、光学的創作、変形などに対して異議申し立てを行わないものとします。

12. 通知

本規約のいずれかが満たせなくなるような事実または状況が発生した場合には、当団体に通知するものとします。

13. 本同意書の効力

本同意書は、参加者の参加時点に遡って効力を生じるものとします。本同意書と参加者が当団体と以前になした合意との間に齟齬がある場合、本同意書の定めが優先するものとします。

14. 管轄

本同意書の定めに関して生じた紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。

秘密保持等同意書・活動参加同意書の内容に同意する