こんにちは! RSP-01のプロジェクトマネージャーです。 RSP-01開発プロジェクトでは、先日東工大コバルト照射実験施設にて「第二回放射線試験」を行ってきました。rsp.メンバーの多くはもちろんサラリーマン。ということで、みんな有休を使って参上。(前日の仕込み作業お疲れさまでした!)   「第二回」というからには「第一回」があったわけなので、簡単に背景をお話しします。 開発が進んでいくと様々な課題に直面します。部品の精度がでず、組みあがらない(のちに基板発注時の寸法に誤りがあったことが判明。。)、開発環境により動いたり動かなかったり。 そして今回は、”プログラム量が大きくなりす […]

技術部RSP-01ミッション系の伊藤です。 先日来、いつもリーマンサットが開発を行っている工場に恒温槽が設置されました。 恒温槽とは… 「科学実験で用いられる器具の一種。長時間一定温度に保つことができるような制御を施した容器である。主に、槽内部の温度を一定に保つため、周囲環境からの温度変化の影響を防ぐことができる構造になっている。」 (ウィキペディアより引用) というわけで、衛星開発では搭載する機器の温度耐性を測ることなどに用いられます。 試運転を兼ねてRaspberry Pi用として販売されている魚眼レンズタイプのカメラを恒温槽でテストしてみました。 <1回目テスト> […]

こんにちは、超小型人工衛星 RSP-01 チームです! 開発の進捗について、定期的にご報告していこうと思います。よろしくお願いします!   RSP-01アームの機構、稼働テスト!   RSP-01のメインミッションである「宇宙で地球をバックに自撮り」。 そのために一番重要な、伸展するアーム。 構想から数えたら苦節4年、、、仮組みですが、とうとう思ったように動くところまできました。 サブミッションであるチャットはAIを利用してRSP-01と地上のみんなと会話します。 より良い会話が出来るようにAIにお勉強をさせる必要がありますが、それには沢山の学習データが必要です。 目下、こ […]

技術広報モエです! 今日も元気に、趣味の宇宙開発の現場をお送りします! 今日のリーマンサット部室は、鋭意開発中の超小型人工衛星RSP-01の開発陣はじめ、地上局メンバーなど多くの人でみっちみち。25人くらいいるでしょうか。 ちょっと熱い、いや暑い…   RSP-01チームはEM(Engineering Model : エンジニアリングモデル)にていろんな試験のまっさかり。 皆、基板をいじったりパソコンの画面を見つめたりと忙しそうです。 そのテーブルの一角では何やら手元を見つめ、細かそうな作業をする人達が。 近づいてみましょう。 モエ「何をしてるんですか?」 一角にいる人たち「通信用の […]

 11月25日、リーマンサット・プロジェクト定例会と同時進行で、開発中の超小型人工衛星、RSP-01のCDR(Critical Design Review、詳細設計審査)を行いました。 5月に行ったPDR(Preliminary Design Review、基本設計審査)同様、開発の次の段階へ進むために必要な、重要な審査会です。  RSP-01についておさらい。 ・メインミッション:自撮り撮影 ・サブミッション:機械学習による画像選定、チャット、リアクションホイールの動作検証 10月に地球周回軌道に投入した”RSP-00”に続くリーマンサット・プロジェクトの人工衛星です!   【当日 […]

技術広報モエです。 今回はRSP-01(次期打上予定の超小型人工衛星)の開発現場へお邪魔してきました。   いつもは各系、各人が個別に開発をすすめているリーマンサット・プロジェクトの人工衛星開発ですが、月に何回か集合して開発を行います。 RSP-01チーム開発の様子です。 今日もRSP-01チームはビシッと開発しているな~ ん?? なにかニコニコしてマジックアームのようなものを手にしている人が。 モエ「マジックハンドで遊んでるんですか?」 「マジックハンドではなく自撮り機構アームのプロトタイプです。」 これは失礼しました。 伸びたり縮んだり。これがどのようにRSP-01に実装されるの […]

技術広報のKaitosです。 ようやく秋空と月が綺麗に輝く季節になりました! リーマンサット・プロジェクト初の人工衛星RSP-00の打ち上げで多いに盛り上がるなか、そのDNAを受け継ぐ次のRSP-01も着々と開発がすすんでいます。 次号機に求められるのは、自撮りなどの斬新なミッションと開発スピードアップ。 CAMPFIREでクラウドファンディングも始まりました。 地球と月の間をぐるぐるまわる人工衛星を一緒にサポートしませんか?   夏休みや週末だけでなく、秋の大型連休を全て開発に捧げる01 メンバーは、10月末のCDR(Critical Design Review:詳細設計審査)及び […]

いよいよ明日に迫ってきた”MakerFaireTokyo2018”(通称メイカーフェア) リーマンサット・プロジェクトは5回目の出展となります。 ”リーマンサットのすべてはここから始まった”といっても過言ではないこのメイカーフェア。 ついに宇宙関連出展としては最大のブース面積での出展となります。 【参考記事】MakerFaireTokyo2018出展決定!   メンバー一同、準備に余念がない今日この頃ですが・・・ ”早く見せたい欲”が出すぎた結果、ブース内容を少しだけ載せることにしました(笑) メイカーフェアに来れる方は一足先に胸を躍らせてもらって、来れない方は少しでも妄想を膨らませ […]

2019年の打ち上げを目指している一号機(RSP-01)の基本設計審査「PDR」(Preliminary Design Review:製品の実現性などを検討し、詳細設計に移行できることを確認する設計審査)が、5月27日に行われ、白熱した議論のすえ、無事に審査をクリア!     RSP-00の開発プロジェクトの立ち上げから、半年。 まだそれほど多くない01開発メンバーが、開発仕様書を作成し、BBM(Bread Board Model:設計の実現性を確認するために製作・試験されるモデル)を製作して、タイトな開発スケジュールの中で、スムーズに開発を進め、審査をクリアしたのは、実は […]

2019年打ち上げ予定のリーマンサット初号機RSP-01の開発が始まっています! まだまだ、RSP-01開発メンバーを大募集しています。 CubeSatをいちからつくっていこうとするのも、rsp.らしさ。やってみたいから、やってみようと集まったメンバーが、頭をひねりながら、つくりあげていくプロセスや発見が、まさに開発の醍醐味であり、楽しさです。 今回は、今年打ち上げ予定のリーマンサット零号機RSP-00の開発で要り用のため、入手したばかりのコイル巻き機で、トルクコイルづくりにチャレンジする姿をご紹介。 RSP-01開発では、衛星の姿勢制御にトルクコイルを使用する予定です。これがなければ衛星&a […]