サラリーマンでもできる

宇宙開発

「誰でも、いつからでもできる宇宙開発」というメッセージを発信しており、これに共感する数多くのサラリーマン・学生が宇宙開発を新しい角度から広げていく活動を進めています。


斬新なデザインで

「憧れ」の新市場創出

ストーリーやテクノロジーなど”コト”の魅力で語られるようになった宇宙開発に再び”モノ”の魅力を与える。機能や目的がビジュアル化された”デザイン宇宙機”となるCUBE SATを我々は作っています。

features02

人工衛星の打上

そして継続的な宇宙開発へ

リーマンサット初となる衛星「RSP-00」は2018年9月に打ち上げられ、現在地球周回軌道上にいます。また、来年以降の継続的な宇宙開発に向けても様々なプロジェクトが立ち上がっています。

宇宙商社Space BDとの長期的パートナーシップを構築

JAXAから認定された衛星放出サービス事業者であるSpaceBDとパートナーシップを構築
国際宇宙ステーション(ISS)「きぼう」からの衛星放出サービスによってリーマンサットが開発する超小型衛星3機を放出することに合意しました。

クラウドファンディングへご支援ありがとうございました!

リーマンサットの悲願である”宇宙で自撮り”の実現に向けた超小型衛星「RSP-01」の開発と打ち上げへ向けたクラウドファンディングは、2019年11月26日に総額3,680,000円を達成しました

リーマンサットの人工衛星についてはこちら

 

リーマンサット・プロジェクトでは、文系・理系問わず多くの方の参加をお待ちしています。