イノベーションを触発するデジタルメディア「Mugendai」に、当団体の宮本と三井のインタビューが掲載されました。
リーマンサット・プロジェクトの「これまで」と「これから」を語った7,800文字です。インタビューを受けた宮本曰く、

リーマンサットの想いを、メンバーを代表して三井さんと共にお話させてもらいました!恐縮です。

宇宙産業とか、今後についてなどは個人的な思いも結構込めてしまいましたが(笑)、リーマンサットからは宇宙開発ってこんな感じで見えるよとか、リーマンサットのメンバーだったらこんな可能性があるよ、みたいなことを発信できたらと思いました。

とのことです。ぜひご一読ください!

ちなみにこのメディア、過去には超小型人工衛星のパイオニアである中須賀教授や、探査機「はやぶさ」プロジェクトメンバーの久保田教授のインタビューなどもあり、宇宙関連の記事も豊富です。合わせてお読みいただけると幸いです(と、さりげなく一緒のメディアに掲載されたことをアピールしてみました)。

ことの始まりは、新橋の居酒屋だった――サラリーマンたちが宇宙に放つ超小型衛星「リーマンサット」

 


他にこんな記事も読まれています
【テレビ出演】日本テレビ「nextクリエイターズ」に出演します! 7/2(木)の日本テレビ「nextクリエイターズ」でリーマンサット・プロジェクトが紹介されます! nextクリエイターズは「豊かな発想と斬新なアイデアで日...
【テレビ出演】3/21(土) BS朝日の宇宙特番に出演します! 3/21(土)のBS朝日の宇宙特番「宇宙(そら)をつかむ者たち!2020 民間パワーが切り開く未来」で、我々リーマンサット・プロジェクトの活動が紹介されます。と...
こちら超小型人工衛星RSP-01: nextクリエイターたちにインタビュー「宇宙で『自撮り』にこだわってみえてきたもの」Vol.7... 宇宙空間で「自撮り」をする、リーマンサット・プロジェクトの超小型人工衛星『RSP-01』。 かっこいい人工衛星が自撮り棒となるアームを伸ば...