こんにちは! RSP-01のプロジェクトマネージャーです。 RSP-01開発プロジェクトでは、先日東工大コバルト照射実験施設にて「第二回放射線試験」を行ってきました。rsp.メンバーの多くはもちろんサラリーマン。ということで、みんな有休を使って参上。(前日の仕込み作業お疲れさまでした!)   「第二回」というからには「第一回」があったわけなので、簡単に背景をお話しします。 開発が進んでいくと様々な課題に直面します。部品の精度がでず、組みあがらない(のちに基板発注時の寸法に誤りがあったことが判明。。)、開発環境により動いたり動かなかったり。 そして今回は、”プログラム量が大きくなりす […]

技術部RSP-01ミッション系の伊藤です。 先日来、いつもリーマンサットが開発を行っている工場に恒温槽が設置されました。 恒温槽とは… 「科学実験で用いられる器具の一種。長時間一定温度に保つことができるような制御を施した容器である。主に、槽内部の温度を一定に保つため、周囲環境からの温度変化の影響を防ぐことができる構造になっている。」 (ウィキペディアより引用) というわけで、衛星開発では搭載する機器の温度耐性を測ることなどに用いられます。 試運転を兼ねてRaspberry Pi用として販売されている魚眼レンズタイプのカメラを恒温槽でテストしてみました。 <1回目テスト> […]

5月6日(月)、江戸川区子ども未来館で開催される‶まるごと未来館WEEK2019″内にて、小学生を対象にしたワークショップを行います。 江戸川区子ども未来館は、子どものための図書館「子どもライブラリー」と身の回りの不思議なことや調べたいことなどの『学び活動』や『探究活動(たんきゅうかつどう)』をする基地「子どもアカデミー」からなる子どもたちのための探求活動の拠点施設。 「子どもアカデミー」では、動植物や自然など身のまわりの不思議を調べたり、実験観察を行なったりする自然科学分野、地域の環境や社会のしくみについて知識を深めたり、表現活動やものづくりなどを行なったりする人文・芸術分野など、小学生が楽 […]

こんにちは、超小型人工衛星 RSP-02チームです! キックオフミーティングから約1ヶ月経ちました。 開発の進捗について、これから定期的にご報告していこうと思います。 よろしくお願いします! ミッション内容が決まりました! リーマンサット・プロジェクトが民間宇宙開発の道を照らす存在でありたい。 照らす…リーマンサット・プロジェクトのロゴを宇宙で光らせよう!! そしてその光るロゴを、見たい…!! ということで、 超小型衛星(1U=約10cm四方)からの子衛星放出を軸に、 ・rsp.ロゴマークの点灯・撮影 ・衛星間中継通信の実証 ・子衛星放出に合わせたイベントの開催 の3つのミッションが決定しまし […]

広報部の成田です。 リーマンサットでは、幅広く勉強会を行っています。自分が学びたい分野のテーマで仲間を募ったり、‟ちょっと困ってる”という声から詳しい人が自ら手を上げ企画したり、誰でも気軽に主催できます。   2月16日(土)リーマンサット技術部が活用するプロジェクト管理ツール「Backlog入門ワークショップ」が行われました。 企画者は技術部の園田さん。 園田さん「技術部では、超小型人工衛星をはじめとする各開発プロジェクト内の開発管理やプログラムの共有に、プロジェクト管理ツール‟Backlog”を利用しています。」 (Backlogサイトより引用) 園田さん「開発プロジェクトのメン […]

こんにちは、超小型人工衛星 RSP-01 チームです! 開発の進捗について、定期的にご報告していこうと思います。よろしくお願いします!   RSP-01アームの機構、稼働テスト!   RSP-01のメインミッションである「宇宙で地球をバックに自撮り」。 そのために一番重要な、伸展するアーム。 構想から数えたら苦節4年、、、仮組みですが、とうとう思ったように動くところまできました。 サブミッションであるチャットはAIを利用してRSP-01と地上のみんなと会話します。 より良い会話が出来るようにAIにお勉強をさせる必要がありますが、それには沢山の学習データが必要です。 目下、こ […]

こんにちは。広報部の堀江です。 11/15に東三鷹学園三鷹市立第一小学校で開催された”星空探検隊”のイベントにリーマンサットのメンバーが参加してきました。 “星空探検隊”とは、一小スマイルクラブの活動のうちの一つで、学校、保護者と地域の方が中心となって企画・運営をしています。今回、私たちが参加した”星空探検隊”の取り組みは、今年度で10周年になるそうですよ!‟星空案内人”(ワインのソムリエのように星空や宇宙の楽しみ方を教えてくれる人)が毎月テーマを決めて季節の天体のお話をしてくださり、観測会も開催されます。年に一度、移動プラネタリウム […]

今月17日(日)~18日(月)、第8回「小型衛星の科学教育利用を考える会」が茨城大学の水戸キャンパスにて行われます。 小型衛星の科学教育利用を考える会は、“小型衛星”と“教育”をキーワードとし、小型衛星の教育利用の可能性を中心に、今後の協力体制、活動、展開等を議論するために1年に2回開催されています。 今回は、「宇宙ステーションからの超小型衛星放出について」「趣味縁などにおける宇宙の学びの可能性」「超小型衛星開発によるものづくり・STEM教育」という3つのテーマセッションにて、それぞれ招待講演と特別講演を迎え、参加者相互での衛星の教育利用に関する情報交換や議論、交流を行う予定となっています。 […]

技術広報モエです! 今日も元気に、趣味の宇宙開発の現場をお送りします! 今日のリーマンサット部室は、鋭意開発中の超小型人工衛星RSP-01の開発陣はじめ、地上局メンバーなど多くの人でみっちみち。25人くらいいるでしょうか。 ちょっと熱い、いや暑い…   RSP-01チームはEM(Engineering Model : エンジニアリングモデル)にていろんな試験のまっさかり。 皆、基板をいじったりパソコンの画面を見つめたりと忙しそうです。 そのテーブルの一角では何やら手元を見つめ、細かそうな作業をする人達が。 近づいてみましょう。 モエ「何をしてるんですか?」 一角にいる人たち「通信用の […]

1月某日、新春らしいよく晴れた日に、飛不動尊さんへお焚き上げに行きました。 お焚き上げ?何を??   いま、地球の周りを飛んでいるわたしたちリーマンサット・プロジェクトの超小型人工衛星、RSP-00。 皆さんから宇宙ポストに投函していただいたお願い事は、衛星に搭載できるように小さくデータ化(具体的にはお願い事用紙を撮影し、画像をSDカードに保存)してRSP-00に載せて、宇宙へ届けました。 今、地球の周りをくるくると回っているはずです。 では皆さんに一通一通手書きしていただいた、お願い事用紙そのものは・・・? ひとりひとりの想いのこもったお願い事の用紙。 大切に扱いたいな。 というわ […]