広報部の成田です。 リーマンサットでは、幅広く勉強会を行っています。自分が学びたい分野のテーマで仲間を募ったり、‟ちょっと困ってる”という声から詳しい人が自ら手を上げ企画したり、誰でも気軽に主催できます。   2月16日(土)リーマンサット技術部が活用するプロジェクト管理ツール「Backlog入門ワークショップ」が行われました。 企画者は技術部の園田さん。 園田さん「技術部では、超小型人工衛星をはじめとする各開発プロジェクト内の開発管理やプログラムの共有に、プロジェクト管理ツール‟Backlog”を利用しています。」 (Backlogサイトより引用) 園田さん「開発プロジェクトのメン […]

こんにちは、超小型人工衛星 RSP-01 チームです! 開発の進捗について、定期的にご報告していこうと思います。よろしくお願いします!   RSP-01アームの機構、稼働テスト!   RSP-01のメインミッションである「宇宙で地球をバックに自撮り」。 そのために一番重要な、伸展するアーム。 構想から数えたら苦節4年、、、仮組みですが、とうとう思ったように動くところまできました。 サブミッションであるチャットはAIを利用してRSP-01と地上のみんなと会話します。 より良い会話が出来るようにAIにお勉強をさせる必要がありますが、それには沢山の学習データが必要です。 目下、こ […]

こんにちは。広報部の堀江です。 11/15に東三鷹学園三鷹市立第一小学校で開催された”星空探検隊”のイベントにリーマンサットのメンバーが参加してきました。 “星空探検隊”とは、一小スマイルクラブの活動のうちの一つで、学校、保護者と地域の方が中心となって企画・運営をしています。今回、私たちが参加した”星空探検隊”の取り組みは、今年度で10周年になるそうですよ!‟星空案内人”(ワインのソムリエのように星空や宇宙の楽しみ方を教えてくれる人)が毎月テーマを決めて季節の天体のお話をしてくださり、観測会も開催されます。年に一度、移動プラネタリウム […]

今月17日(日)~18日(月)、第8回「小型衛星の科学教育利用を考える会」が茨城大学の水戸キャンパスにて行われます。 小型衛星の科学教育利用を考える会は、“小型衛星”と“教育”をキーワードとし、小型衛星の教育利用の可能性を中心に、今後の協力体制、活動、展開等を議論するために1年に2回開催されています。 今回は、「宇宙ステーションからの超小型衛星放出について」「趣味縁などにおける宇宙の学びの可能性」「超小型衛星開発によるものづくり・STEM教育」という3つのテーマセッションにて、それぞれ招待講演と特別講演を迎え、参加者相互での衛星の教育利用に関する情報交換や議論、交流を行う予定となっています。 […]

技術広報モエです! 今日も元気に、趣味の宇宙開発の現場をお送りします! 今日のリーマンサット部室は、鋭意開発中の超小型人工衛星RSP-01の開発陣はじめ、地上局メンバーなど多くの人でみっちみち。25人くらいいるでしょうか。 ちょっと熱い、いや暑い…   RSP-01チームはEM(Engineering Model : エンジニアリングモデル)にていろんな試験のまっさかり。 皆、基板をいじったりパソコンの画面を見つめたりと忙しそうです。 そのテーブルの一角では何やら手元を見つめ、細かそうな作業をする人達が。 近づいてみましょう。 モエ「何をしてるんですか?」 一角にいる人たち「通信用の […]

1月某日、新春らしいよく晴れた日に、飛不動尊さんへお焚き上げに行きました。 お焚き上げ?何を??   いま、地球の周りを飛んでいるわたしたちリーマンサット・プロジェクトの超小型人工衛星、RSP-00。 皆さんから宇宙ポストに投函していただいたお願い事は、衛星に搭載できるように小さくデータ化(具体的にはお願い事用紙を撮影し、画像をSDカードに保存)してRSP-00に載せて、宇宙へ届けました。 今、地球の周りをくるくると回っているはずです。 では皆さんに一通一通手書きしていただいた、お願い事用紙そのものは・・・? ひとりひとりの想いのこもったお願い事の用紙。 大切に扱いたいな。 というわ […]

 11月25日、リーマンサット・プロジェクト定例会と同時進行で、開発中の超小型人工衛星、RSP-01のCDR(Critical Design Review、詳細設計審査)を行いました。 5月に行ったPDR(Preliminary Design Review、基本設計審査)同様、開発の次の段階へ進むために必要な、重要な審査会です。  RSP-01についておさらい。 ・メインミッション:自撮り撮影 ・サブミッション:機械学習による画像選定、チャット、リアクションホイールの動作検証 10月に地球周回軌道に投入した”RSP-00”に続くリーマンサット・プロジェクトの人工衛星です!   【当日 […]

技術広報モエです。 今回の「文系女子が人工衛星開発を追いかけてみた」は、 先日宇宙に行ったRSP-00のフライトモデル(宇宙に行った実機)完成直後の、RSP-00チームの話です。 連日の徹夜の開発の話は漏れ聞こえたものの、そのとき何が起こっていたか もっと詳しく知りたくて、お話を聞いてきました。 (取材時期はフライトモデル完成直後の7月です) たくさんの人が開発に関わりました。 もちろん全員集まることは難しく、開発チームのほんの一部の方、 プロジェクトマネジメント(以後PM)系加藤さん 同 嶋村さん、 ミッション系 石川さん 姿勢制御系 O村さん 熱構造系 武部さん に今回はお集まりいただきま […]

RSP-00の宇宙への旅立ちを見届けるため、有給休暇を使って種子島へ集結したリーマンサット達 しかし到着した種子島で打上げ日の再々変更を告げられ、動揺を隠せない(前回のあらすじ) [これまでのおはなしはこちらから] 【前編】 【中編】 11日→14日→15日、と再々の打上げ日変更により、泣く泣く島を離れたリーマンサットメンバーもいれば、 一度は飛行機をキャンセルして来島を諦めたものの「その日程ならいける!」と急遽有給をとって復活を果たしたメンバーも。 リーマンサットはへこたれません!   さっそく、機体移動を撮影するために集合です。 機体移動とは、簡単に言えば、ロケット組立棟から射点 […]

7月某日。 リーマンサット・プロジェクト初の超小型人工衛星、RSP-00の打上げ成功・ミッション成就を願って、東京都台東区にある飛不動尊に御祈願に行ってきました。 完成したばかりのFM(フライトモデル、実際に宇宙に行くモデル)を持って、ご祈祷してもらいました。   こちらの飛不動尊、「飛ぶ」ことにご利益があるお寺として、航空業界や宇宙業界の方々に人気があるそうです。 小惑星探査機「はやぶさ」の無事帰還というご利益でも有名。 宇宙に行くようなハイテクなもののために、神頼みをするというアナログ感。 なんだか不思議な気分になります。   仕事で衛星の運用にかかわっている人に聞いて […]