「宇宙開発って意味あるの?」

きっと、宇宙開発は

「未来に憧れ、誇れるナニカを創るためにやる」のだと思う。

 

* * * * *

 

「熱いバカはナニカを変える力があるんだ。ごちゃごちゃ悩まず信じて進め!それが正解」

昔、ある挑戦をするときにこんな言葉を友人達にいただいた。

今、気がつけば、たくさんの仲間達と考えもつかなかった場所までたどり着くことができた。

誰もが愉しめて体験できる宇宙開発は、少しずつ現実化していることに気がついた。

 

自撮り写真の撮影に成功!?しかし次なる課題は「通信」だった

お陰様で2021年3月14日に、自撮り機能を備えた超小型衛星「RSP-01」は宇宙空間へ放出されました。
その後、運用に向けた初期の機能確認の中で明らかになってきたのは「通信を実施する地上局設備の老朽化」でした。

メンバーたちで知恵を出し合い、老朽化した設備で衛星の機能確認を進めてきましたが、メインミッションでもある「地球と衛星の自撮り写真のフルHD写真の撮影」の達成のためには、設備更新による通信安定化が必要であることがわかってきました。

今後もリーマンサットの人工衛星運用の拠点となっていくこの地上局。
未来につなげるためのクラウドファンディングが始まりました!

ご支援、なにとぞよろしくお願いいたします。
人工衛星は打上げて終わりじゃない、俺たちの戦いはこれからだ! – クラウドファンディング Readyfor(レディーフォー)

 


他にこんな記事も読まれています
悲願のミッション達成へ!クラウドファンディングを開始しました! 「宇宙開発って意味あるの?」     昨年、打ち上げた零号機は狼煙。 今回の初号機が産み出すのは未来の誇り。 ...
クラウドファンディングのリターン発送について 昨年末に行った次期超小型人工衛星「RSP-01」のクラウドファンディングでは、皆様のご支援をいただき、目標額を大きく上回ることができました。改めてありがとうござ...
超小型人工衛星RSP-03開発決定・メンバー募集のお知らせ リーマンサット・プロジェクトでは、2024年打ち上げを目標とする人工衛星「RSP-03」の開発を決定しました。 また人工衛星プロジェクト発足に伴うメンバーを募...