「宇宙開発って意味あるの?」

 

 

昨年、打ち上げた零号機は狼煙。

今回の初号機が産み出すのは未来の誇り。

宇宙開発は何のためにやるのか?

 

未来に憧れ、誇れるナニカを創るためにやるんだと思う。

 

 

昔、ある挑戦をするときにこんな言葉を友人達にいただいた。

 

「不安でも掴もうと手を伸ばしてごらん、それだけで星を掴んだことに気付くから」

「何もなくてもナニカをやる力をつけて帰ってこい」

「熱いバカはナニカを変える力があるんだ。ごちゃごちゃ悩まず信じて進め!それが正解」

 

 

よし‼️ 誰もが愉しめて体験できる宇宙開発と誇れる未来を今掴みにいこう。

 

 

初号機RSP-01を、みんなの力で宇宙へ連れて行きたい!!

お陰様で来年の打ち上げに向けて、開発と資金調達もラストスパートになりました。

クラウドファンディングが始まりました!
ご支援、なにとぞよろしくお願いいたします。

サラリーマンによる人工衛星を再び……悲願のミッション達成へ! – クラウドファンディング Readyfor (レディーフォー)

 


他にこんな記事も読まれています
文系女子が人工衛星開発を追いかけてみた【RSP-01お盆休みも開発編】 こんにちは、技術広報課モエです! お盆休みだけど、いやお盆休みだからこそ!趣味にいそしむリーマンサット、超小型人工衛星RSP-01の開発現場に行ってきまし...
サラリーマンと学生が趣味で宇宙開発するリーマンサットのローバー開発進捗報告 Vol.4 こんにちは!ローバーチーム広報の細田佳江です! ローバーチームでは、ただいま毎年9月に開催されるcansat(カンサット)のコンテストに向けたローバーを作...
一つ一つ着実に。RSP-01、衛星開発の大きな節目であるCDRを無事クリア!!  11月25日、リーマンサット・プロジェクト定例会と同時進行で、開発中の超小型人工衛星、RSP-01のCDR(Critical Design Review、詳細...