IARU(国際アマチュア無線連合)へ周波数申請が受理されました。今後、RSP-00にアマチュア無線周波数を割り当ててよいか審議に入ります。今回のRSP-00は以下の周波数で使用予定です。

地上からのアップリンク435Mhz帯
衛星からのダウンリンク145Mhz帯、435Mhz帯(アップリンク周波数と共用)

トランスポンダは搭載していません。モールス信号と音声、パケット通信での配信を予定しています。今後、受信に必要な情報を掲載したホームページを開設していきます。


他にこんな記事も読まれています
文系女子が人工衛星開発を追いかけてみた【RSP-00フライトモデル死闘編(後編)】 技術広報モエです。 文系女子が人工衛星開発を追いかけてみた【RSP-00フライトモデル死闘編(後編)】 今回はインタビュー形式で開発現場のリアルをお伝え...
文系女子が人工衛星開発を追いかけてみた【RSP-00フライトモデル死闘編(前編)】 技術広報モエです。 今回の「文系女子が人工衛星開発を追いかけてみた」は、 先日宇宙に行ったRSP-00のフライトモデル(宇宙に行った実機)完成直後の、R...
RSP-00の運用状況について 10月6日に国際宇宙ステーションから、宇宙空間へ放出されたRSP-00の運用状況についてお知らせします。 現在はリーマンサットの地上局系が、人工衛星との通...