毎年、全国の学生を対象とした小型衛星のミッションや設計を考えるコンテストが開かれています。
それが衛星設計コンテストです。

リーマンサット、「サラリーマンによる宇宙開発」と言いつつ、実は学生メンバーも増えてきています!
昨年の第26回コンテストには所属学校が異なる有志のメンバーで「設計の部」に応募しました。
その名も”ストア&フォワード型気象衛星 WEDAR”


今回の審査結果と、設計情報などを含んだ解析書のデータはこちらからご覧いただけます。

2018年 第26回 「設計の部」応募作品:ストア&フォワード型気象衛星”WEDAR”解析書のデータ
https://www.rymansat.com/satellites#satcon

 

 

リーマンサットでは、多様なバックグラウンドを持つ学生で集まり、人工衛星を設計し
コンテストに応募するなどの活動も行っています。
今年の応募に向けて、一緒に参加していただけるメンバーも募集しています。
リーマンサットへの参加についてはぜひこちらをご覧ください!

https://www.rymansat.com/join


他にこんな記事も読まれています
「実はいま、人工衛星よりも溶接のほうが興味あって…」【宇宙開発女子インタビュー vol.02】 こんにちは、広報部技術広報課モエです! リーマンサット・プロジェクトにはいろんなバックグラウンドを持つ様々なメンバーがいます。 これまで「文系女子」シリーズ...
11/24(日)第59回全体ミーティング&懇親会のお知らせ 全体ミーティング&懇親会のお知らせです。初参加の方も大歓迎! ※メンバー達がどんなことをやっているのかはこちらをご覧ください(もちろん当てはまらない方...
悲願のミッション達成へ!クラウドファンディングを開始しました! 「宇宙開発って意味あるの?」     昨年、打ち上げた零号機は狼煙。 今回の初号機が産み出すのは未来の誇り。 ...