こんにちは、超小型人工衛星 RSP-01 チームです!
開発の進捗について、定期的にご報告していこうと思います。よろしくお願いします!

 

RSP-01アームの機構、稼働テスト!

 

RSP-01のメインミッションである「宇宙で地球をバックに自撮り」。
そのために一番重要な、伸展するアーム。
構想から数えたら苦節4年、、、仮組みですが、とうとう思ったように動くところまできました。


サブミッションであるチャットはAIを利用してRSP-01と地上のみんなと会話します。
より良い会話が出来るようにAIにお勉強をさせる必要がありますが、それには沢山の学習データが必要です。
目下、この学習データの収集、準備を行っています。
また、みんなが投稿してくれたメッセージをRSP-01とやり取りするための地上側システムも開発中です。


現在は筐体組立と試験を並行して開発しています。
筐体は組立後のフィードバックをCADに反映中です。
試験はP(電源)系+C(コマンド&データハンドリング)系+SM(サブミッション)系を実施中、その後P系+C系+M(ミッション)系を行い、終わればいよいよ結合試験に入ります。

絶賛開発中のRSP-01、相当盛り上がっています!
あなたも人工衛星開発、してみませんか?

https://www.rymansat.com/join


他にこんな記事も読まれています
【人工衛星RSP-01開発報告 4月】放射線試験に再チャレンジ! こんにちは! RSP-01のプロジェクトマネージャーです。 RSP-01開発プロジェクトでは、先日東工大コバルト照射実験施設にて「第二回放射線試験」を行ってき...
人工衛星RSP-02 開発進捗報告 Vol.1 こんにちは、超小型人工衛星 RSP-02チームです! キックオフミーティングから約1ヶ月経ちました。 開発の進捗について、これから定期的にご報告していこうと...
文系女子が人工衛星開発を追いかけてみた【ケーブル職人あらわる】 技術広報モエです! 今日も元気に、趣味の宇宙開発の現場をお送りします! 今日のリーマンサット部室は、鋭意開発中の超小型人工衛星RSP-01の開発...