姿勢制御ってなんだ?姿勢制御講習会って面白い?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

リーマンサットの超小型人工衛星、RSP-01

 

地上局からの命令を受けて、地球と宇宙を背景に、衛星が「自撮り」写真を撮影する機能を搭載しています。

 

この「自撮り」こそが、RSP-01のミッションでもあるのです!

 

宇宙を飛ぶことだけが目的なら、地球の周りをくるくる回っていれさえすればいいのかもしれません。

 

しかし、「自撮り」ミッションを達成するためには、

「地球をバックにして」「RSP-01がいい感じに映る」ように、

自らの位置を調整する必要があります。

 

その、自らの位置を調整する機能が「姿勢制御」です!

まさに、ミッション達成に不可欠な機能であり、RSP-01最大の特徴とも言える機能です。

では、RSP-01はどのように姿勢制御するのでしょうか?

その秘密に迫ることができるのが、

今回のクラウドファンディングでリターンとしてご用意した 『RSP-01姿勢制御講習会』です!

 

『RSP-01姿勢制御講習会』  

対象:制御関係のことに全く触れてこなかった方(小学校高学年以上)

内容:(前半)人工衛星の姿勢制御概要を説明

      (後半)リアクションホイールの簡単な仕組みを説明

   ※具体的な内容は、受講者の皆様に合わせて調整させていただきます!

 

また、上記内容に加えて一軸磁気トルカ、リアクションホイールの制御方法についてもお伝えする予定です。

「姿勢制御って何?」

「どんな仕組みなの?」

「どうやって制御させるの?」などなど・・・

これまで制御関係のことに全く触れてこなかった方を対象に、

姿勢制御の基本からRSP-01の開発現場でどのようなことが行われていたのかについて、お伝えいたします。

 

講習会のおススメポイントは、実際に参加者の方に手を動かしていただくところ!

参加者の方には、こちらでご用意するモーターと模擬筐体をお渡しします。

そして、実際にパラメーターをいじって疑似筐体の回転を制御していただくことができます!

 

さらに、ご参加いただいた方には磁気トルカをプレゼント!

実際に搭載するコイルと同じように作成したものです。

(上記デザインはサンプルのため、変更される可能性がございます)

 

“疑似筐体の回転を制御する”なんて、専門的に学んでいる人以外は経験する機会はなかなかないのではないでしょうか?

 

このように、リーマンサットの講習会は、リターンとしてかなりお得な内容となっています。

マニアックな大人の方も宇宙に興味を持ったばかりの学生さんも、ご参加いただく方に合わせて丁寧にお伝えします!

 

ぜひお申し込みください!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

リーマンサット・プロジェクト、ただいまクラウドファンディング中!

サラリーマンによる人工衛星を再び……悲願のミッション達成へ! – クラウドファンディング Readyfor (レディーフォー)https://readyfor.jp/projects/rymansat2


他にこんな記事も読まれています
こちら超小型人工衛星RSP-01:いよいよ2020年!の開発進捗報告 こんにちは! 超小型人工衛星 RSP-01技術広報のKaitosです。 2020年度に宇宙に打ち上げる予定のRSP-01の開発は、いよいよ終盤に入ってきま...
一つ一つ着実に。RSP-01、衛星開発の大きな節目であるCDRを無事クリア!!  11月25日、リーマンサット・プロジェクト定例会と同時進行で、開発中の超小型人工衛星、RSP-01のCDR(Critical Design Review、詳細...
クラウドファンディングのリターン発送について 昨年末に行った次期超小型人工衛星「RSP-01」のクラウドファンディングでは、皆様のご支援をいただき、目標額を大きく上回ることができました。改めてありがとうござ...