人を中心とした宇宙開発を、未来へ

ど素人のサラリーマン集団が人工衛星を開発して、打ち上げる。

2014年に新橋の居酒屋で立ち上がったこの途方もないプロジェクトの名前は「リーマンサット・プロジェクト」

リーマンサットでは、夢や好奇心から始まる”人を中心とした宇宙開発”を通じ、誰でも、いつでも、好きなように目指すことのできる“宇宙開発“の実現を目指しています。

現在ではその想いに共鳴した仲間が450名を超え、2018年9月にはリーマンサット初となる超小型人工衛星の打ち上げも成功しました。

 

「趣味は宇宙開発です」と言える世界へ向けて。

きっとそれは、日本や世界の宇宙開発をもっともっと盛り上げることにつながる。

そんな私たちに、もしよければ皆さんのあたたかいご寄付をいただけると嬉しいです。

 


我々の想い

なぜ、私たちは宇宙開発を目指しているのか。仕事でもないのに、クラウドファンディングで資金調達を行ってまで宇宙開発に賭けるのか。我々の想いをまとめました。ぜひこちらの記事をご覧ください。

 

 過去のクラウドファンディング実績

零号機/RSP-00【手の届く宇宙へ、夢追いサラリーマン達が人工衛星を飛ばしたい】

初号機/RSP-01【世界初!?人工衛星で地球をバックに自撮りしたい!】