先日大阪で行われた一般市民向けの公開講座「ナレッジキャピタル大学校」での講義(という名のパネルディスカッション)が、4/23のフジサンケイビジネスアイさんに掲載されました。

一般市民による人工衛星開発団体ということで、東側代表として我々リーマンサット・プロジェクトが、そして西側代表はドリームサテライトプロジェクトさんが登壇したこのセッション。「宇宙開発の敷居は高くない」という我々が具現化したいメッセージがストレートに掲載されています。

この講義自体、好ライバルに巡り合うことができ、宇宙に強い思い入れがない受講者を前に興味を持ってもらうことができたので非常に価値あるものでしたが、「草の根活動としての宇宙開発」として経済紙に取り上げていただけたことはさらに価値があると感じています。

詳しくは下記をご覧ください!

https://www.sankeibiz.jp/business/news/180423/bsl1804230500006-n1.htm