RSP-02のミッションコンセプトは「世界初の “人工星座” 放出衛星プロジェクト」という事ですが、その子衛星を「出す」為の機構が放出機構です!凄く凄く簡単に言えば出りゃ良いんです。だがしかし、宇宙は地上とは違って面倒なんです。

RSP-02がミッションを遂行するのは低軌道環境( (low Earth orbit、LEO。高度2,000km以下の地球周回軌道)です。とりあえず「レオ環境」と覚えておけば「レオ環境では難しいね」とか言ってたらカッコいい雰囲気が出そうな気がするので宇宙素人の私はオススメします。
ちゃんとした知識では小型ロケットで到達できる距離で、通信やリモートセンシングするうえで有利な位置です。ちなみに中軌道はMEO、高軌道はHEOとなりますので「メオ」「ヘオ」とでも読んでしまえば良いでしょう。LEO環境とはなんだと検索すると、早々に主婦の店・スーパーマーケットレオが見つかりますがココで述べているLEO環境とは関係ありません。ざっくり言いますと±100℃の気温変化、高強度の放射線( 10-6 W/m2)、真空の環境です。この環境で無事に動作して子衛星を放出する必要があります。

宇宙で飛び出すメジャー!?

まず子衛星を放出するうえで、ただ放出するとそのまま慣性でどこまでも離れて行ってしまうので何かで繋ぎ止めておかねばなりません。そこで出てきたワードが「テザー」です。テザーとは、繋ぎ止めておく紐のような物です。過去の宇宙開発でのテザーシステムの実績を見ていくとコンベックステープが良さそうだという事になりました。

他にも案は見つかりましたが、高い、高い。もういっちょ、高い。出来る事なら(一人頭)お小遣いレベルでやりたいんです。宇宙開発を。人工衛星作りを。
ちょっと金額もざっくりで書いてみましょう。訳で良くあるメジャー(長さを測る時などに使う、反り返った金属の帯板)をテザー素材としました。現在まで試したのは1個100円~1000円を6種類。

こんなのや

 

こんなのを

 

こんな事したりしておりました

 

コンベックステープは指で押すとわかりますが、凹んでる方から押すと中々折れ曲がりませんが、膨らんでる方から押すとすぐに曲がります。特定の方向からの力に弱いと問題なのですが、二枚のコンベックステープを向かい合わせでつける事で問題を解消させる事を知りました。なので全種類2個使いです。
何で接合したらいいかとハトメおよびハトメ打ち具を数種類(各部品1000円いかない程度)試しました。また放出機構体積や重量も考慮してテザーはもう1種類(糸状のコンベックステープよりは柔らかく軽いテザー)用意しました。

人工衛星体積は10cm×10cm×10cmに、重量は1.33kg以内にしないといけない(載せてもらえない)のです。現在テザーは全長3mですがコンベックステープが2m、柔らかいテザーが1mとなっています。柔らかいテザーは放出後自由に曲がりくねると推測され、親衛星との衝突などを考慮してこの比率になっています。

また試行錯誤の途中では、スペース確保の関係でテザー巻き取りを楕円形にしたりしましたが綺麗に展開出来ませんでした。人工衛星に限らずですが内部配置の陣取りは激しいです。でも楕円は無理です。無理でした。どなたか楕円で成功させて下さい。楕円形と円形と、それぞれ収納の為のケースが必要になるのでケース作製の為の部品がまた15種類くらい(2000円が二つとか600円が6つとか、ボディブローのように後からきいてきます)

テザーがすんなり出てくれない・・

次に問題になったのはテザーが綺麗に滑り出ていくための仕組みです。通常のベアリングはグリスが蒸発して使えないので論外。個体潤滑剤(二硫化モリブデン)を使うもなかなか上手くいかない(3000円)。宇宙用グリスと呼ばれるものも塗れども滑りはあと一歩(4000円)宇宙用と謳われるような高価なベアリングも見つけましたが却下(使いたい数買うと10万円超える)。そしてゴニョゴニョしながら辿り着いてきてるのがPEEKという特殊樹脂のベアリング。4000円の複数使い。PEEKベアリングかな、温泉旅行かな。温泉最近行ってないな、良いな温泉。ダメだったらまた次探すんだな、おんせ・・・・。富豪が当プロジェクトに参加するのを待ちます。

試行錯誤で開発を進めていきます

ちょっと開発費用周りを考えすぎると楽しさが半減する恐れもありますが、出来る事は試して経験して進んでおります。
その道に通じた人もそうでない人も等しく発言して

「これってどうなんだろう」
「やってみる?」

とあれこれと試行錯誤しながら、皆で知見を広げながら少しずつ進んでいます。最終的にはどんな形で放出させることになるのか、乞うご期待!

 

✰✰✰✰✰✰✰✰✰✰✰✰✰✰✰✰✰✰✰✰✰✰

[終了]リーマンサット、2022年2月末からクラウドファンディング中です。
「憧れを宇宙へ! あなたと宇宙で “人工星座” を作りたい!!」

https://readyfor.jp/projects/rymansat4

私達がこの衛星で作ろうとしている「ロマンチックな人工衛星」と「人工星座」は、きっともっともっと皆さんと宇宙を近づけます。
皆さまのご支援をどうかよろしくお願い致します。
✰✰✰✰✰✰✰✰✰✰✰✰✰✰✰✰✰✰✰✰✰✰


【この記事を書いたメンバー】

広報部 オウンドメディア課 マツウラ

趣味はひっそりと派手にリーマンサット内で暴れる事(実際に暴れているとは言ってない)


他にこんな記事も読まれています
自作して開発をラクに!太陽光パネル実験装置製作~弐号機かわら版 2022.4月号~ こんにちは。 広報部のくろすです! 3月、リーマンサットではRSP-02のクラウドファンディングに挑戦し、皆様から温かいご支援をいただいた年度末となりま...
弐号機かわら版 2022.2月号 リーマンサット3機目の人工衛星「RSP-02」。 2023年度の打ち上げを目指し、開発も佳境に入りました。 佳境=「佳い」「境」。 つまり、開発において「...
弐号機かわら版 2021.12月号 「RSP-02」のモノ作りといえば、もちろん超小型人工衛星! ――ですが、じつは一見宇宙とは関係ないものも作っています。 キラキラかわいいアクセサリー。 ...