こんにちは!広報部モエです。

 

昨年末のリーマンサット・プロジェクト初のクラウドファンディングでは、
100名以上の方からご支援いただき、無事に目標金額を達成することができました。
皆様のおかげでプロジェクトは順調に進んでおります。
改めて、本当にありがとうございます。

そのクラウドファンディングのリワードの中の、体験型リワード2つについて、
前後編にてご紹介します。

今回リーマンサット・プロジェクトがご用意した体験型リワードはこの2つ。
【人工衛星からの無線を受信できるキット&講習会】
【 リーマンサットの衛星開発を担っている町工場の見学会と、溶接体験】。

今回は【人工衛星からの無線を受信できるキット&講習会ご紹介します。

こちらは、パソコンとUSB ワンセグチューナー及びアンテナキットを使って、
パソコン上のソフトで無線機を実現するソフトウェア無線(Software-defined radio)をやってみましょう、というもの。

講師の伊藤さん。零号機RSP-00の地上局系担当を経て、
今は初号機RSP-01のPM(プロジェクトマネージャー)です。
受講者の一人、Aさんにお話を聞いてみました。

——クラウドファンディングの時点でリーマンサット・プロジェクトについて知っていましたか?
Aさん「知人から一緒に行かないかと誘われていたので知っていました」
——なぜ支援してくださったんですか?
Aさん「支援したい気持ちと、関わりができたら一緒にやれるかなと思い支援しました」

——どうしてこのリワードを選んだのですか?
Aさん「支援の気持ちもありますが、無線に興味があり学びたかったんです。仕事で資格を取って無線は使ってはいますが、仕事で使うものはそれなりの機能のものを使っているが、自分で手を動かすレベルのことはしていない。リーマンサット・プロジェクトのように自分で作ったものを使うノウハウ、仕事用のものとの差を知りたかったです」

 


——受講してみていかがでしたか?
Aさん「良かったです!リワードとして満足感あり。やり方を教えてもらい、受信できるキットを持ち帰りできたので、学んだものをそのまま家で使えるので良かったです」

 

そうなんです。こちらは受信キットの中の八木アンテナ。一人一本八木アンテナ。

 

 

もう一人の講師のNさん。現RSP-00 通信地上局系メンバーです。
Aさん「わからないことがあったら連絡をくださいと言われて、アフターサービスもしっかりしているなと好感度が高かった」

 

——意外だったことは?
「受講しに来てみたら、講師が一緒に開発しているRSP-01の伊藤リーダーだったこと・・・笑」
そうなんです。実はAさん、リーマンサット・プロジェクトの現メンバー。
リワードを待っているうちに、参加してみようかなぁという気持ちになったそう。
現在はRSP-01チームでC&DH系開発を担当しています。

 

 

講師の一人、Nさんにもお話を伺いました。
——今回の講習会について、いかがでしたか?
Nさん「私が受講したい内容でした。また、RSP-00地上局の運営のノウハウが生かせると思い、企画に参加しました。無線好きな仲間がいてよかったです。」
——体験してもらってリーマンサット・プロジェクトに対するイメージは変わったと思いますか
Nさん「ほんとうにサラリーマンの集団と知っていただけました」
—— 最後にひとこと。
Nさん「受信できないと、衛星の活動結果が見れないので、ここの敷居を低くしたいです。」

 

支援者の皆様にも満足いただけたこの講習会ですが、講師陣も
「講師をすることが一番勉強になります。準備等大変だったけど面白かった」とのことでした!

 

もう一つの体験型リワード、
【 リーマンサットの衛星開発を担っている町工場の見学会と、溶接体験】については

後編でご紹介します☆

 

クラウドファンディングサイト、Readyfor(レディーフォー)でプロジェクト進捗報告をいたしました。

https://readyfor.jp/projects/rymansat/announcements(※Readyforさんのサイトへ遷移します)
打上げまでもう少し。リーマンサット・プロジェクト一同、頑張っていきますので、引き続き応援よろしくお願い致します。

もちろんメンバーとしての参加も大歓迎です!

こちらからジョイナス!