すぎなみサイエンスフェスタ

広報部宇宙ポスト課兼イベント課の平田です。
2019年3月3日、第4回すぎなみサイエンスフェスタが、高円寺の「セシオン杉並」で開催されました。
このイベントは、地域の科学教育関連団体、企業などが一堂に会し、子供たちに実験や工作、最先端の科学などを紹介する杉並区の年一度の科学の祭典です。この日は、朝から冷たい雨が降るという悪天候。それでも1500人以上の親子が来場し、様々なサイエンスイベントを楽しみました。

今回、そんなサイエンスフェスタにリーマンサット・プロジェクトの宇宙開発ミッションのひとつ「宇宙ポスト」が初登場しました!ワクワクしながらお願いごとをポストに投函する子供たちの様子をお伝えします。

「宇宙ポスト」ミッションの仕組み

「あなたの願いを宇宙に届けますよ~!」「お願いごとを流れ星にして叶えましょう!」いつものようにお願いごと用紙を渡すと、「えっ?ホント?」「どうやって?」すぐに質問が返ってきました。
さすがにサイエンス好きな子供たちです。まずは疑いのまなざしが向けられます。科学では疑問を持つことはとても重要です。足を止めて「なぜ?」と聞いてくれたら、しめたものです。
ゆっくりと順を追って仕組みを説明していくと、子供たちの目がみるみる輝いてきます。そして納得した子供たちは、自分の描いたものが宇宙に届き流れ星になることをすっかり理解し、夢が叶うことを期待しつつ、真剣にお願いごとを描き始めます。

それでは、「お願いごと」はどうやって宇宙に届けられるのか?流れ星にするってどういうことか?リーマンサットの重要なミッションの一つ「宇宙ポスト」、このお願いごと実現システムについて簡単に紹介しましょう。

まず、みんなのお願いごとは、宇宙ポストで回収後、電子データに変換(デジタル撮影)します。SDカードに圧縮記録され、人工衛星に搭載されます。そして、国際宇宙ステーションから宇宙に放出されます。現在(2019年4月)宇宙周回中の RSP-00(リーマンサットプロジェクトの人工衛星初号機) は、宇宙ステーション補給機こうのとり7号で国際宇宙ステーションISSに届けられ宇宙に放出されました。6000人以上のお願い事を載せて地上から300kmほど上空を回っています。 RSP-00 は半年から1年かけて地球上空を周り続けいくつものミッションを終えた後、大気圏突入の際、燃焼します。最後に流れ星になってミッションの全てが完了します。地球と地球を取り巻く宇宙空間の物理現象を利用した壮大な、宇宙のからくり仕掛けの「お願いごと実現システム」なのです。

いよいよ投函

こどもたちが一心不乱に願いごとを書いている姿はとても素敵です。
「ぼくの、わたしの‟お願いごと”を宇宙に届けてくれる?」と期待に胸膨らませ、ワクワクしながらペンを走らせます。
急に「お願いごとを書いてね」と言われて戸惑うこどもたちもいます。
「本当に願いごとがかなうのかな~?」
「自分の願いごと。。。あれにしようか?それとも、これにしようか?」
欲しいもの。やりたいこと。実現させたいこと。。。。。
小さな記憶のかけらを一所懸命拾い集めて、つないで、なんとか文字や絵という形にする。脳細胞がフル稼働します。

そうしてやっとの思いで書き上げた「お願いごと」を、いよいよ「宇宙ポスト」に投函します。自分の胸の奥にしまい込まれていた思いを2次元の小さな紙に書き出して
その小さな紙を自分から切り離して、無限に広がる宇宙へ。。。
宇宙ポストの投函口の小さな穴は、宇宙への入口です。

ぼくも、わたしもと宇宙の入り口に押しかけます。「もう一つ描いていい?」「もっと描きた~い。」わずか3時間のイベントでしたが、169通ものお願いごとが集まりました。

夢と希望とサイエンス

流れ星にお願いごとをすると夢が叶う。。。
サイエンスとはかけ離れているように思えます。
非科学的な行為だという人もいるでしょう。
でも、ちょっと考えてみてださい。
「夢」や「希望」がなければ科学は生まれなかったのではないでしょうか。
そしてそれをしまいこんだままでは実現せずに終わってしまうかもしれません。
「お願いごと」を書き出すことで、自分の「夢」や「希望」を見つめ直す良い機会になります。
むかし誰かが宇宙旅行を夢見ました。ただの「夢」や「希望」にすぎませんでした。でも、現在、人類は科学を駆使して宇宙に行くことができています。もうすぐ宇宙旅行の夢が叶います。あなたの「夢」と「サイエンス」が結びついて夢が実現するのです。

そして、最新の科学を駆使してその「希望」を宇宙に届けてくれるという、おかしな人たち(趣味で宇宙開発をする団体のリーマンサット)がいます。

あなたのお願いごとは何ですか?あなたも試しに描いてみませんか?
ひょっとすると叶うかもしれませんよ。

 


【この記事を書いたメンバー】

広報部 特命係(宇宙ポスト課兼イベント課 兼 RSP-02プロジェクトメンバー)
平田剛(ひらたつよし)
とにかく不思議なことが大好き!超能力や宇宙の謎をマジメに趣味で研究している。人間も宇宙もまだまだ謎だらけ。いつか扉が開くと信じて、Knockし続けます!好きな言葉は、Keep on knocking, and it will be opened to you!



他にこんな記事も読まれています
サラリーマンと学生が趣味で宇宙開発するリーマンサットのローバー開発進捗報告 Vol.4 こんにちは!ローバーチーム広報の細田佳江です! ローバーチームでは、ただいま毎年9月に開催されるcansat(カンサット)のコンテストに向けたローバーを作...
サラリーマンと学生が趣味で宇宙開発するリーマンサットのローバー開発進捗報告 Vol.5 こんにちは!ローバーチーム広報の細田佳江です。 最近は外に飛び出す事の多いローバーチームメンバー、みんな日焼けしてカッコよくなってきました。 カッコ...
三鷹で宇宙開発の面白さを伝えてきました! こんにちは。広報部の堀江です。 11/15に東三鷹学園三鷹市立第一小学校で開催された"星空探検隊”のイベントにリーマンサットのメンバーが参加してきました。...