リーマンサット・プロジェクト (以下rsp.)には「宇宙ポスト」というミッションがある。

お願いごとを集め人工衛星に乗せて宇宙に届ける。そうして流れ星にして願いを叶える。

宇宙仕掛けの、実に壮大なミッションである。

こんなロマンあふれるミッションに関わっていると不思議な話に遭遇することがある。

今回遭遇したのは、宇宙に香りがあるという話だ。

 

平成から令和への大型ゴールデンウィーク3日目。4月29日の渋谷は相変わらず多くの人で賑わっていた。

コスモプラネタリウム渋谷は、渋谷駅から南へ徒歩5分、渋谷区文化総合センター大和田最上階12階にある。

都会のプラネタリウムらしく、ゴールデンウイークの特別スケジュールは、子供向けと大人のカップル向けが用意されていた。

rsp. にとって、子供から大人まで、来場者全てを対象に「お願いごと」を集める絶好のチャンスだ。

 

 

「お願いごと」は何でも良い。『おこづかい500円上げて』という切実な願いがあれば、『月に住んでみたい』という夢のような願いもある。

集まった一人ひとりの「お願いごと」を人工衛星に込めて宇宙空間に運ぶ。

人工衛星は、地球を周回した後、大気圏突入時に流れ星になって願いを叶える。

宇宙仕掛けの壮大な「お願いごと実現システム」。

その中でも最初に必要な、最も重要なミッションがこの「お願いごと」集めなのだ。

 

さて、今回その「宇宙ポスト」ミッションの隣のブースで、「SPACE TEA」が販売されていた。宇宙の香りを再現したという紅茶である。

「SPACE TEA: SPACE FLAVOR」宇宙の香り。宇宙に香りなんてあるのだろうか?

 

「香り」とはヒトの五感の一つ。

空気中に漂う香り分子が、鼻の奥にある受容体の鍵穴にはまる。

すると電気信号が脳に流れ、「香り」として認識される。

15年ほど前 Axel と Buck がこのメカニズムを解明し、ノーベル賞を受賞した。

ちょうどその頃、宇宙に香りがあると報告した宇宙飛行士がいた。

ISS(国際宇宙ステーション)、第6次長期滞在クルー  Pettit だ。

彼が船外活動から戻った仲間の宇宙飛行士を与圧室に迎い入れた時、空気ダクトからその独特な香りがしたという。

彼はその香りを「金属が焼けるような、心地よい甘い香り」と表現した。

 

一体どんな香りなのだろうか。

多くの宇宙飛行士の証言から、試行錯誤で香りの再現が試みられた。

今では、その香りは、「焦げたラズベリー」のような香り、「ぎ酸エチル」という物質の芳香によく似ている、ということになっている。

「ぎ酸エチル」は、天然にはラズベリーのほかにパイナップルやキャベツなどにも存在する。

 

確かに、この宇宙の香りを再現したという 「SPACE TEA」は、ラズベリーのような甘い香りがしていた。

 

「香りの再現」と書いたところで、紅茶好きの rsp.メンバーから教わった話を思い出した。アールグレイという世界的に有名な紅茶は、中国福建省の紅茶、ラプサン・スーチョン(正山小種:紅茶の元祖と言われている)の香りを再現しようと試行錯誤を繰り返してできあがったらしい。

飲み比べてみると、ラプサン・スーチョンは松葉で燻した燻製の香り。

アールグレイは、ベルガモットの柑橘系の華やかな香りだ。

燻製と柑橘、接点などどこにもないような全く異なる香りだが、心の奥底のどこかで(…なるほど)と、うなづけるところがあった。

「宇宙の香り」と「焦げたラズベリー」も、(…なるほど)と、うなづける日が、いつかくるのだろうか。

 

さて最後に、紅茶の香りの話でまったりとしたところで、今回の私の「お願いごと」が決まった。

「宇宙で宇宙の香りを嗅いでみたい」

 

+++++++++++++++++++++++++++

ー宇宙ポストミッション報告ー

4.29 コスモプラネタリウム渋谷2019GW

(+ハチラボ)

お願いごと収集クルー12名、

収集メッセージ…239通

+++++++++++++++++++++++++++

〜(後記)〜この記事を書いて、改めて気付かされたことがある。

これまで宇宙へは、562人(延べ人数では1,269人、2019年4月18日現在)もの人が到達している。そして、ISS には現在常時6人ほどのクルーが生活している。そこは、もはや真空ではない。食事もすれば排泄もする。立派な生活空間があるのだ。だから、色々な匂いがあって当然だ。宇宙に行動範囲を広げたヒトが宇宙独特の香りを嗅いでも不思議ではない。

 

 


【この記事を書いたメンバー】

広報部 特命係(宇宙ポスト課兼イベント課 兼 RSP-02プロジェクトメンバー)
平田剛(ひらたつよし)
とにかく不思議なことが大好き!超能力や宇宙の謎をマジメに趣味で研究している。人間も宇宙もまだまだ謎だらけ。いつか扉が開くと信じて、Knockし続けます!好きな言葉は、Keep on knocking, and it will be opened to you!


他にこんな記事も読まれています
サラリーマンと学生が趣味で宇宙開発するリーマンサットのローバー開発進捗報告 Vol.4 こんにちは!ローバーチーム広報の細田佳江です! ローバーチームでは、ただいま毎年9月に開催されるcansat(カンサット)のコンテストに向けたローバーを作...
RSP-00が宇宙空間へ放出されました! 2018年10月6日 17時頃 国際宇宙ステーションから、宇宙空間へRSP-00が放出されました。   ここからがRSP-0...
打上げ成功祈願として飛不動尊に行ってきました 7月某日。 リーマンサット・プロジェクト初の超小型人工衛星、RSP-00の打上げ成功・ミッション成就を願って、東京都台東区にある飛不動尊に御祈願に行ってきまし...