5月26日に行われた毎月恒例のリーマンサット・プロジェクト定例会にて、世界初の “人工星座” 放出衛星「RSP-02」のコンセプトデザインの発表が行われました。

リーマンサットでは、2018年10月に初めて開発した超小型衛星「RSP-00」が国際宇宙ステーション(ISS)の「きぼう」モジュールから放出され、現在は後継機である「RSP-01」を2019年度の打ち上げに向けて鋭意開発中。今回コンセプトデザインを公開した「RSP-02」は、「RSP-00」や「RSP-01」の開発ノウハウを引き継いで設計中の次世代機になります。

また、リーマンサットでは斬新なデザインによる「憧れ」の新市場創出を目指しており、「RSP-02」においてもコードネームを “Project Orion” と名付け、夜空を代表するオリオン座のように「象徴的」で「憧れ」となるような人工衛星の開発を進めています。

■ リーマンサットが開発を進める「RSP-02」ミッション案
「RSP-02」では、輝く星々をつないで物語を紡ぐ星座のように、星座を構成する子衛星群を放出するミッションを計画中です。放出された子衛星群は、連携しながら光を放ち “人工星座” となります。この “人工星座” は超小型衛星「RSP-02」によって撮影され、地上へ届けられる計画です。

 

 

■ 根橋宙之(RSP-02 プロジェクトマネージャー)

宇宙開発にロマンやストーリーを感じてもらえるようなキューブサットデザインの発表に立ち会うことができ、これからの開発に期待で胸がいっぱいです。今回公開したコンセプトデザインを掲げて、「身近な」「誰でもできる」「興味をひく」宇宙開発の実現に向けて「RSP-02」の開発を進めてまいります。

■ 山下紘生(RSP-02 チーフデザイナー)
ビジネスのニューフロンティアとして発展目覚ましい宇宙開発ですが、かつて人々がときめいていたクールでロマンチックな要素は忘れられつつあるように思います。
そんな時代に酔狂なロマンチスト達が取り組む宇宙開発、前例のないクールなキューブサットデザインとミッションにご注目ください。

■リーマンサット・プロジェクトついて
リーマンサットでは夢や好奇心から始まる”人を中心とした宇宙開発”を通じて、誰でも、いつでも、好きなように目指すことのできる“宇宙開発“の実現を目指しています。
現在、人工衛星開発やローバー開発をはじめとした宇宙開発を推進する技術系の方はもちろん、400名を超える団体の活動を支えるバックオフィス担当や広報担当など、様々なメンバーを募集しております。
活動への参加について興味のある方はこちらから:https://www.rymansat.com/join

 

 

…という感じで趣味でプレスリリースっぽい記事を書いてみました(笑)
今後もフライトモデルの完成に向けて、引き続きアップデートを重ねていきます。
新たな門出となった「RSP-02」の一味違う宇宙開発にご期待ください!


他にこんな記事も読まれています
Space BDとリーマンサット、リーマンサット製超小型衛星「RSP-01」の 地上での全工程を終え、同機のJAXAへの引き渡しを完了... 宇宙産業における総合的なサービスを展開するSpace BD株式会社と一般社団法人リーマンサットスペーシズは、国際宇宙ステーション(ISS)日本実験棟「きぼう」か...
リーマンサット、宇宙商社Space BDとの 長期的パートナーシップを構築3機連続での衛星放出契約を締結 2019年1月31日 一般社団法人リーマンサットスペーシズ 一般社団法人リーマンサットスペーシズ(東京都江戸川区西一之江4-3-5 代表理事 宮本卓。以下“...
世界初の“人工星座”放出衛星「RSP−02」基本設計審査(PDR)通過! 2020年11月21日(土)、世界初の“人工星座”放出衛星「RSP-02」の基本設計審査(PDR:Preliminary Design Review)がオンライ...