団体設立の背景

現在、世界的に民間による宇宙開発が進みつつあります。ロケット、人工衛星の開発を行う学術機関や民間組織が数多く立ち上がりつつあります。今後、宇宙開発を推し進めるにあたっては、官民一体となり、様々な分野・業界から広く資源や人材を集める必要があります。

日本でも同様の動きがありますが、残念ながら、「宇宙開発は一握りのエリート・大企業にしかできないもの」として捉えられており、多くの人にとって宇宙は「手の届かない遠いもの」であるように認識されています。一方で海外は、現在は簡便にできる人工衛星の製造キットなどが開発されており、「特別な知識や技術が必要なもの」ではなくなりつつあることもまた事実です。

このような社会の動きから、一般社会が持つ「宇宙開発」への垣根を取り払うには、「身近な」「誰でもできる」、そして「興味をひく」ものが必要です。それを実現させるため、我々は「リーマン・サット・プロジェクト(Ryman Sat Project=RSP)を設立しました。

 

宇宙開発を「身近」なものにする

RSPは「困難である」と考えられている宇宙開発の中から、初心者でも手を出しやすいキューブサット開発に注目し、活動を行っております。この頃、キューブサットを開発している民間組織は数多く立ち上がってはおりますが、RSPはキューブサットを多人数多品種開発することで、知見をストックし、また知見を外部提供することで活動資金を得ることを計画しております。開発はRSPだけではなく、他の宇宙関連団体、そして宇宙関連以外の団体と積極的に連携を取り、民間宇宙開発に関するネットワークを強化、拡張することを目指します。

この活動の目的はただキューブサットを製作するだけはなく、開発体験やチーム連携を通した教育、さらに異なる世代と属性の新しい横断型コミュニティー、コミュニケションを構築し、その知見を次世代の教育に活用し、宇宙開発とその他の業界を活性化することに主眼をおいています。

 

「誰にでもできる」宇宙開発を実現する

RSPの構成メンバーは「普段は宇宙開発に関わっていない」サラリーマンがメインです。

宇宙開発に関わっていないとはいえ、各メンバーは各々が各分野で活躍するプロフェッショナルです。また、サラリーマンだけはなく、学生も多く参加しており、専攻分野や所属研究室に縛られることなく、自らの知見を自由に活かす場所として高い関心を持っています。

現在は、実際に手を動かして初号機を開発しています。宇宙開発の知見はまだまだ足りないのが実情ではありますが、メンバー間での異なる専門分野を活かしながら開発を行うことで、これまでになかったアプローチが広がっています。RSPは当初からの「普通の人が集まって衛星開発しよう」というメッセージを発信しており、これに共感する人は数多く、今後も宇宙開発に関する専門的な知識や技術がなくとも、宇宙開発を新しい角度から広げていくことを念頭に活動を進めます。

 

「興味をひく」宇宙開発を進める

RSPの当面の目標としては、キューブサットを製作、打ち上げることですが、より簡便に開発できるキューブサットの開発手法の一般化を目指しています。詳細は現時点では公開できませんが、RSPだからこそできる宇宙開発を目指します。今後の活動にご期待ください。


我々の活動のことをもっと詳しく聞いてみたい方は、ぜひ月次で開催しているMTGにご参加ください。