去る9/23に日本科学未来館で行われた「ロケット交流会2017」に出展しました。

ロケット交流会は、NPO法人有人ロケット研究会が主催しており、ロケット開発に携わるプロ・アマチュアの団体が交流する貴重な場になっています。
周りはロケット開発に情熱を燃やす学生団体だったり、民間ロケット打ち上げで一躍有名になったインターステラテクノロジズさんがいたりして、話題の尽きない大変活気ある会になりました。

そんな中ロケット交流だって言っているのに人工衛星を展示した我々リーマンサット・プロジェクトでしたが、逆に珍しいのか(いや、毎年出展しているんですけどね)様々な方に話しかけていただき、民間宇宙開発団体として活動することの意義を再確認することができました。

当日は日本科学未来館で別のイベントも行われており、運良くそちらのお客様にも見ていただけました(そう、ロケット交流会は入場無料なのです)。そのため、例年よりも女性客や家族連れの方が多かったのですが、子どもたちに「私も人工衛星を作ってみたい!」と言ってもらえたのが嬉しかったです。これが宇宙開発を志すきっかけになってくれたらいいな、と思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA