9/30(土)に開催された筑波宇宙センター特別公開@筑波宇宙センター(JAXA)に、昨年に引き続きリーマンサットが協同出展しました!

この特別公開は、普段入ることのできない施設内の見学ができたり、宇宙研究開発の開発員の生の声を聞くことができるという特別なイベントです。
多くの展示や実験ショーも行われ、当日は小さなお子様から大人の方まで大勢の方々で賑わっていました。
rsp.ブースへも多くの方々にお立ち寄りいただき、誠にありがとうございました!


今年のrsp.ブースは「超小型衛星を体験しよう!」

今回のメインは「超小型衛星のVR体験」
VRを使って人工衛星の目線から環境試験や打上げの様子を体感できる(マニアックな)もので、多くの方が興味津々の様子で訪れ、大盛況でした!
VR体験中の方を見ると、上下左右と首をぐるぐる回転させながら思い思いに楽しんでいる様子。
その周りからは「VR体験してる人をみるのも楽しいね」と声があがります。
さて、宇宙初!?人工衛星の気分になった感想は・・・
「迫力がすごい!」
「VR体験は初めてだったけど、これは面白い」
「宇宙から見る地平線がキレイ・・・!」
「地上からどんどん離れていくときに、空から”見下げる”地球の姿が壮大だった」
などなど、たくさん嬉しいお声をいただきました!


「自撮り衛星」もたくさんの笑顔を撮影!

VR体験は年齢制限があり、残念ながら小さな子供たちは見ることができませんでした。
がっかりする彼らに「衛星と一緒に記念撮影しませんか」とメンバーが声をかけます。
すると、沈んでいた顔がみるみる明るい表情へとかわりました。
自撮り衛星をみて「人工衛星ってこんなに小さいんだ」と目をキラキラさせながら笑顔でパチリ。
撮影した画像を記念はがきへ印刷してプレゼントすると
「思い出になるね!」
「このままポストカードにして投函できるのがすごい」と喜んでいただけました。よかった!
この日だけで、皆さんとの思い出を234枚の写真にすることができました。
ありがとうございました!
 


 

他にも、
・自撮り衛星の新バージョン(新型伸縮アームの参考展示)
・宇宙ポストのメッセージ(1日で219通のご投函を受け付けました!)
と、盛りだくさんのブースは、常に訪れた人とメンバーの活気で溢れていました。

ご家族、お友達同士、海外の方など、幅広い方が満面の笑みで楽しんでいる姿をみて、宇宙は子供だけでなく大人の心も一瞬で笑顔にするすごい力があることをあらためて実感しました。

最後に改めて、この度の素晴らしい機会を再びいただいたJAXA様、またブースにお越しくださった皆様へ心よりお礼申し上げます。

本当にありがとうございました!