リーマンサット・プロジェクト2つめの超小型衛星、壱号機RSP-01。
その開発が終わり、一息ついた2020年9月上旬、RSP-01の打上げ成功・ミッション成就を願って、東京都台東区にある飛不動尊に御祈願に行ってきました。

飛不動尊は、「飛ぶ」ことにご利益があるお寺として、航空業界や宇宙業界の方々が多く訪れています。小惑星探査機「はやぶさ」(初代)無事帰還のご利益があった、という話もよく知られています。

完成したばかりのRSP-01のフライトモデル(実際に宇宙に行くモデル)を持って、プロジェクトマネージャーの三井さん登場。

開発者のみんなも、無事にこの日を迎えることができて、ほっとした表情です。

真剣な面持ちの、三井プロジェクトマネージャーと伊藤プロジェクトマネージャー。

壱号機にちなんで、「壱」というお酒をお供えしました。
(写真用に、一時的にマスクを外してもらいました)


祈祷していただいたお札は、RSP-01が安定して飛び続けることを祈って、リーマンサット・プロジェクトの開発・運用室に飾ります。

(写真用に、一時的にマスクを外してもらいました)
「1」のポーズで記念撮影。
できるだけのことはやったので、あとは成功を祈るだけ!

「RSP-01はチームプレー」とは、三井プロジェクトマネージャーがよく口にする言葉。
キックオフミーティングから数えると、RSP-01には約3年、100人以上が開発に関わりました。

宇宙ポストのお願いごとと、たくさんの開発メンバーの汗と涙と寝不足の結晶を載せて、飛べRSP-01!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

あなたも一緒に、宇宙開発してみませんか?
リーマンサットメンバーの活動を下記にまとめました。ぜひご覧ください!

https://www.rymansat.com/join


【この記事を書いたメンバー】

広報部 技術広報課 トモエ モエ
趣味は宇宙開発と阿波踊り
好物はビールと焼肉


他にこんな記事も読まれています
サラリーマンと学生が趣味で宇宙開発するリーマンサットのローバー開発進捗報告 Vol.4 こんにちは!ローバーチーム広報の細田佳江です! ローバーチームでは、ただいま毎年9月に開催されるcansat(カンサット)のコンテストに向けたローバーを作...
こちら超小型人工衛星RSP-01: nextクリエイターたちにインタビュー「宇宙で『自撮り』にこだわってみえてきたもの」Vol.3... 宇宙空間で「自撮り」をする、リーマンサット・プロジェクトの超小型人工衛星『RSP-01』。 「自撮り」をするミッションを達成するために各開...
こちら超小型人工衛星RSP-01: nextクリエイターたちにインタビュー「宇宙で『自撮り』にこだわってみえてきたもの」Vol.2... 「nextクリエイターズ」(日本テレビ・7月2日木曜夜10時54分~)で紹介された「トレンディーな人工衛星」こと、リーマンサット・プロジェクトの超小型人工衛星『...