RSP-00に続く初号機、RSP-01のMDRが無事終了しました!
MDRとはミッション定義審査(Mission Definition Review)のことで、衛星のミッションを決めるための審査会です。
RSP-00の開発メンバーに審査員になってもらい、いろいろコメントをもらいましたが、なんとか承認されました(^ ^;

RSP-01では宇宙と地球をバックにした自撮り写真の撮影、最適な自撮り画像の自動選択、地上とのチャット、リアクションホイールの検討といった新規開発要素が盛りだくさんです。

しかしながら、多くのメンバーが今年打上げのRSP-00開発に全力投球中!
ということで、新規メンバー常時大募集です☆
詳しくは後日お知らせいたしますが、気になって仕方がない方はぜひこちらへ!

2019年の打上げ目指して頑張ります!


他にこんな記事も読まれています
サラリーマンと学生が趣味で宇宙開発するリーマンサットのローバー開発進捗報告 Vol.4 こんにちは!ローバーチーム広報の細田佳江です! ローバーチームでは、ただいま毎年9月に開催されるcansat(カンサット)のコンテストに向けたローバーを作...
RSP-01の開発始動!(やってみよう!vol.1 コイル巻き機)@工場 2019年打ち上げ予定のリーマンサット初号機RSP-01の開発が始まっています! まだまだ、RSP-01開発メンバーを大募集しています。 CubeSat...
こちら超小型人工衛星RSP-01:真空の世界へ!開発進捗レポ リーマンサット・プロジェクトの工場には、真空チャンバーがあります。え?宇宙空間を体験できる部屋があるの??ということで、今回は真空チャンバーからのレポートです。...