技術広報モエです!
今日も元気に、趣味の宇宙開発の現場をお送りします!

今日のリーマンサット部室は、鋭意開発中の超小型人工衛星RSP-01の開発陣はじめ、地上局メンバーなど多くの人でみっちみち。25人くらいいるでしょうか。
ちょっと熱い、いや暑い…

 

RSP-01チームはEM(Engineering Model : エンジニアリングモデル)にていろんな試験のまっさかり。
皆、基板をいじったりパソコンの画面を見つめたりと忙しそうです。
そのテーブルの一角では何やら手元を見つめ、細かそうな作業をする人達が。
近づいてみましょう。

モエ「何をしてるんですか?」
一角にいる人たち「通信用のケーブルを作っています」
えっ、ケーブルって作れるものなんですか??

向かって右側の女性は、最近リーマンサット・プロジェクトに加わった椛澤さん。
「最近、宇宙が好きになり、宇宙旅行などにも興味がある」という彼女。
人工衛星を作るなんて面白そう!!ということで、開発中のRSP-01チーム参加に手を挙げたそうです。

椛澤さん「実際に手を動かして開発に参加したいです。モノ作りに関わらせていただけるということで静かに興奮しています」

しかし聞くところによると、お仕事は事務職、このような開発現場は初めての経験とのこと…
そんな超初心者でも、できることがあるんでしょうか・・・?
RSP-01伊藤PM(プロジェクトマネージャー)「あります!!」
と、力強いお言葉。
T(通信)系リーダー木村さん「通信系基盤に使うケーブルを作って欲しいです!」

ということで、椛澤さんの初タスクは、ケーブル作りになりました。

椛澤さんと一緒にケーブルを作っている向かって左側の男性は、最近立ち上がった新しいプロジェクト、リーマンサット宇宙服チームの増田さん。
今日は宇宙服チームキックオフミーティング準備&宇宙服検討のためのグローブ真空試験に来たとのことですが、、、

モエ「あれ?何でケーブル作ってるんですか?」
増田さん「入って半年ぐらいたちますが、実作業に携わったことが実は今までなかったので、何かやりたかった 笑」

青いRSP-00ユニフォーム着用のこちらの男性は、RSP-00(いま宇宙を飛んでいるリーマンサット初の人工衛星)ではプロジェクトマネージメントチームだった加藤さん。

(加藤さんが登場する記事はこちら『文系女子が人工衛星開発を追いかけてみた【RSP-00フライトモデル死闘編(前編)】』https://www.rymansat.com/archives/6245

加藤さん「私はRSP-00はマネージメントでどちらかというと監督のような立場だったので、次の01では手を動かしてみたくて。」

華麗なジョブチェンジです。仕事じゃなくて趣味ですが。

三人で作り方を確認しながら、ケーブルを作っていきます。

ケーブル作りというタスクを指示した、T(通信)系リーダー木村さんに聞いてみました。
モエ「具体的には、これはどういったケーブルなんですか?」
木村さん「衛星のマザーボードと無線機をつなぐためのケーブルで、マザーボードを介してC(コマンド&データハンドリング)系やP(電源)系とつなぐために重要なパーツです。筐体として組み上げて評価するには不可欠なので、前々から必要だったんですが、非常に細かい作業で僕にはうまくできず放置していました」
モエ「ケーブルって、売ってないんですか?」
木村さん「専用の治具というか装置も売られていて、それを使えば簡単にできたかもしれないのですが、10万近くするので断念しました」
モエ「買うと高いですね…」
木村さん「不器用な僕はうまく作れず苦労してたので、実際とても助かります!」
完成したケーブルを手にした椛澤さん、
「自分の作ったものが宇宙に行くなんて、感無量です!」と誇らしげ。
あ、ちょっと待って…?
これはEMに使うケーブルです…。
宇宙に行くのはFM(Flight Model : フライトモデル)。EMはその前の段階です。
EMの試験結果によって製作方法を見直しつつ、FM を製作するのです。

椛澤さん「これ宇宙に行かないんですか…無念です…」
でも、EMがうまく作動しなければFMは作れないので、これはとても重要なケーブルですよ!と開発陣に口々に声をかけられた椛澤さん。
「来週も来ます。手を動かします!」とやる気いっぱいの表情でした。

 

タスクを分担してみんなで進める。それが開発のスピードアップに繋がります。

穴を開ける、削る、コマンドを打つ、実際に組み上げをして手順書のフィードバックをする等々、細々とした手仕事が、開発の現場では必要です。

 

RSP-01、またリーマンサット・プロジェクトはいつでもメンバーを募集しています。
「参加してみたい。でも何ができるかわからない」
一度、参加してみてください!
何ができるかわかる人ばかりではありません。
スキルがあって参加してくださる方はもちろん大歓迎ですが、何ができるかわからないけど来てみたら「これ、自分にできるかも」や、「やってみたいかも」がリーマンサットには沢山あります!

ご参加、お待ちしています。

https://www.rymansat.com/join

 

 


【この記事を書いたメンバー】

技術広報もえ
趣味は宇宙開発と阿波踊り
好物はビールと焼肉


他にこんな記事も読まれています
文系女子が人工衛星開発を追いかけてみた【RSP-00フライトモデル死闘編(後編)】 技術広報モエです。 文系女子が人工衛星開発を追いかけてみた【RSP-00フライトモデル死闘編(後編)】 今回はインタビュー形式で開発現場のリアルをお伝え...
リーマンサット、宇宙服はじめました リーマンサット・プロジェクト  有人宇宙開発第一弾です。 来るべき有人宇宙活動時代に向けて、宇宙服の開発を開始しました。 本物の宇宙服は14層から成り立...
人工衛星RSP-01 開発進捗報告 Vol.1 こんにちは、超小型人工衛星 RSP-01 チームです! 開発の進捗について、定期的にご報告していこうと思います。よろしくお願いします!   ...