こんにちは!リーマンサットローバーチーム広報の細田佳江です。

9/19開催の植松電機さん主催、スペースプローブコンテストに向けて張り切っているローバーチームです。

スペースプローブコンテスト2020とローバーチーム

今年は新型コロナウイルス感染症流行の影響により、北海道には集まらず、リモート開催というお知らせを植松電機さんよりいただきました。

現地で異常があっても対応できないため、より開発が難しくなるリモート開催ですが、
「月に行ったらどうせリモートしないといけないのでは⁈やるだけやってみたい!」
という皆の前向きな気持ちで開発を継続することになりました。

ローバーなど全て北海道に送り、私たちは東京にいるので、スイッチを入れてもらうなど必要な事は手順書を添付して植松電機さんにお願いすることになります。

学生が多いローバーチームですが、新型コロナウイルス感染症流行により大学に立ち入ることができず、機械が使えなかったのもあり、2月から5月頃まで開発が滞っておりました。

6月に入り、少しずつ開発を始めましたが、なんとなくまだ余裕の気持ちのローバーチーム。
7月に入ってあと2ヶ月ということに気づきます。
そして8月、急ピッチで開発が進んでおります。

パラシュート分離ピンの強度解析など。

今回はなんと強い味方が!
DMM.make AKIBAさんのスカラシップ制度に採用され、登録者が工場を無料で使用できるようになりました。

機械がいっぱいあってステキです。
なんでも揃っていることに、テンションが上がるメンバー達でした。

私もDMM.make AKIBAさんのご好意により、広報として工場に潜入することができました。

こちらはレーザーカッターです。普段はソフト開発しているメンバーも、機械の使い方を教えてもらっているようです。

ウレタンをローバーのタイヤ用に切り抜きました。
モーターとDMM.make AKIBAの3Dプリンターで印刷したパーツとタイヤを組み合わせます。

モーターはブラシレスモーターを使用する予定でしたが、十分なトルクが出せず、急遽DCモーターを使用することになりました。
ブラシレスモーターはまた来年挑戦します!

今年のスペースプローブコンテストでは、ARマーカーをターゲットに重ねて、スマホで認識して自律走行する予定です。

遠くに貼ってあるARマーカーをスマホのカメラが認識すると、スマホの画像の中のARマーカーに白い棒が立ちます(見えづらく申し訳ありません)。

どの大きさのARマーカーが最適か、距離を測りながらスマホで認識していきます。
結果、20m程度まで認識できそうなA1サイズと、近づいてから認識するA4サイズのARマーカーを使用してみることになりました。

普段は広報をしている私も、自律系に参加して、ARマーカー台を作成することになりました。


ホームセンターでプラスチックダンボールを調達しました。
大きいものを最初から作るのは心配だったので、1/3サイズで作り、うまく折りたたむことができました。


結合部分は結束バンドを使用しました。折り目はカッターで表面だけ切ります。
うまくいったので、実寸サイズに取りかかります。
あれ!全然うまく組み上がらない!
メンバー達に組み立てを助けてもらいながらやっとできました。

大きさが変わるとうまくいかないのはロボットコンテストなどでもあるあるだそうです。
このままだと、植松電機さんが現地で苦労することになってしまうので、すぐ組み立てられるようマジックテープで改善しています。
さらに、風を受けても倒れないよう、構造に強いメンバーからのアドバイス。

上に紐を通すだけでしっかり丈夫になってびっくりしました。
また、今年のパラシュートは昨年と違い、紐にストローを通しました。

なんと、昨年スペースプローブコンテストで、参加者の高校生のパラシュートを見て
「次回使わせてもらってもいいですか」
と聞いて、
「いいですよ」
とおっしゃっていただいた方法でした。早速使わせていただいています。ありがとうございます。

まだ作成途中ですが、今年のローバーは
zipangu-01
になりました!

今後、ボディを肉抜きしたり、改良を加えていきます。

スペースプローブコンテストまで間も無くですが、昨年に引き続き強豪チームが参加されるとのこと。
あと一息ローバーチームも頑張ります!
以上、8月進捗報告でした。

お知らせ

リーマンサットのローバーチームが出場予定の「スペースプローブコンテスト」(2020/9/19 土曜朝9:00〜)の
配信用サイトがオープンしたようなのでお知らせします。
こちらに登録いただくと、当日YouTubeでの大会の模様の配信を見ることができます。

スペースプローブコンテスト2020

https://spc.uematsudenki.com/wp/

機体を北海道に送り、東京から遠隔操作する。
「集まれない」ことを逆手に取った、チャレンジングな企画。

お見逃しなく!!!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

あなたも一緒に、ローバー開発してみませんか?
リーマンサットメンバーの活動を下記にまとめました。ぜひご覧ください!

https://www.rymansat.com/join


【この記事を書いたメンバー】

技術部 ローバーチーム広報
細田 佳江(ほそだ よしえ)
カポエイラと宇宙が好きな管理栄養士です。宇宙でサウージするのが夢です!


他にこんな記事も読まれています
リーマンサットのローバー開発進捗報告 Vol.15 .site-header {background:rgba(0,0,0,0.2)} こんにちは!ローバーチーム広報の細田佳江です。 自粛解除に合わせ...
リーマンサットのローバー開発進捗報告 Vol.14 .site-header {background:rgba(0,0,0,0.2)} こんにちは!ローバーチーム広報の細田佳江です。 今月も前回に引き...
リーマンサットのローバー開発進捗報告 Vol.13 .site-header {background:rgba(0,0,0,0.2)} こんにちは、ローバーチームでマザーボード統括をしている檜山です。 ...