リーマンサット・プロジェクトの工場には、真空チャンバーがあります。え?宇宙空間を体験できる部屋があるの??ということで、今回は真空チャンバーからのレポートです。

ごきげんよう、わたくし真空チャンバーでございますの。真空という異空間へようこそ!

わたくし、リーマンサット・プロジェクト工場のどの設備、部品よりお高いやつと思われているようですが、地上で厳しい宇宙環境をつくって部品の皆さまが真空環境に耐えられるかどうかをチェックしてあげていますし、それは当然ではないかしら。

圧が強いやつとか、高圧的とか、よく誤解されるのですけれど、真空は圧力ではなくて、地球上の大気圧より低い圧力の気体で満たされた空間のこと。チャンバーはその状況をつくる、ちょっと格式が高い部屋なんですの。
地上のヒトたちは、山とか高い場所に行くと低気圧になってちょっとクラクラしたり、空気のない宇宙空間にいったら、さらに気圧差も激しくそのままじゃ生きられませんわよね。地上のモノたちも普段は空気があるのが当たり前だから、そのまま宇宙空間にいったら圧力差とか、熱が冷めにくいとか、電気が通りにくいとかで耐えられないかもしれない…だから、わたくし真空チャンバーは、地上で真空という宇宙空間をつくって体験させてあげているの。

 

お盆休みには、ようやく組み上がったRSP-01の自撮り用のアームが真空試験にいらっしゃいました。RSP-01のメインミッションは、「カッコいいイケメン筐体くんが、宇宙で地球を背景に自撮り!」ですから、自撮り棒のアームが真空環境でも、問題なく伸展しなかったら、話になりませんわよね。
ここまで来るのにずいぶん待たされたわ…と思いましたけれど、構造系と呼ばれる方々がとにかく苦労しながらアームのメカニズムを追求して、組み立てたりバラしたりを繰り返してきたのを見守ってきましたから、ようやく、ようこそ真空の世界へ!
振動試験じゃないから、まさかバラバラになったりはしないと思うけれど…プログラムされたコマンドの指示通りにちゃんと動くかどうか、異常に発熱したりしないか不安…

なんて思いながらも結果、17時間連続して、約3,000回の展開。
なかなか長い時間、問題なく耐えられましたわね。01開発メンバーの方も時々窓を覗きに来るし、ちゃんと動き続けて、わたくしも内心ホッといたしました。

「じゃ、次は、アンテナ展開行くよ!」とオーナーの声。それは、わたくし今日聞いておりませんわよ。
しかもアンテナ展開って、最近よく机でテストをしているのをみていましたけれど…超小型人工衛星の通信の最初のカナメ。これがちゃんと開かないと、宇宙で地上とコンタクトが取れなくなるのよね。
どんなものかしら…とみていたら、キラキラの金属の薄い細長い板をイケメン筐体くんに綺麗に丸く巻きつけて、アンテナ展開!の指示コマンドでいきなりシュルシュルとツノのように広がるから、もう、びっくりしますのよ。
さっき01開発メンバーがアンテナ用の金属板を丁寧にヤスリで削って磨いているなと思っていましたけれど、え?もう真空実験にいらっしゃるの?

バランス悪そうだから、しっかり固定してね…お行儀よく。

01開発メンバーのみなさんもアンテナ展開を見たいものだから、わたくし、息が詰まりそうなくらいすごく取り囲まれたわ…。

 

アンテナ展開!とコマンドが出されたらシュルシュル〜とアンテナが現れて、おお〜!とのどよめき。拍手。
まるでわたくし小劇場のようね。

これからは、フライトモデル(FM)試験で、ますます多忙になりそう…でも、工場のなかに小さな宇宙空間があるって、すごくすてきに聞こえないかしら。
そして、これで宇宙に打ち上げられたあとの本番でも大丈夫!となった時の01開発メンバーの笑顔がまた素敵なのよね。
みなさま、ようこそ、真空の世界へいらしてくださいませ。

これまでの超小型衛星RSP-01についてはこちらをどうぞ!

【この記事を書いたメンバー】

Kaitos(カイトス)
広報部 技術広報課 &技術部RSP-01プロジェクト C&DH系、rsp.横浜支部
趣味は宇宙開発、宇宙教育、星空案内、美味礼賛。7つの海を渡っていろんな空と美味しいものをみつけたい!チョコは、ベルギー派。


他にこんな記事も読まれています
こちら超小型人工衛星RSP-01:コテコテなはんだこての開発進捗レポ 人工衛星は、いわば電子部品のかたまりです。宇宙環境での放射線や熱や衝撃に耐えるためには、繊細な加工が必要です。基板に実装されている部品、リード線、ケーブル、送信...
こちら超小型人工衛星RSP-01:燃える夏の開発進捗レポ 夏休みとお盆で、メーカーや部品などの工場はお休みでガラガラ。 にもかかわらず、リーマンサット・プロジェクトの工場は、どうやらフル活動。 今回は、工場の温...
こちら超小型人工衛星RSP-01:おしゃべりな開発進捗レポ 初めまして、RSP-01の中のケーブル(赤)ですw RSP-01は機械学習によるチャットボット(例:siri)を搭載予定です。 RSP-01のチャットボット...